友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20159/19

児童160人が4競技を体験 フットボールデーin壱岐

2015JFAフットボールデーin壱岐(長崎県サッカー協会主催)が13日、大谷公園で開催された。
日韓ワールドカップから10周年の平成24年から全国でスタートしたイベントで、サッカークラブ以外の児童も含めて広くスポーツを親しみ、交流を深めることが目的。長崎県は第1回が島原市、2、3回が長崎市で、壱岐市での開催は4回目の今回が初めてとなった。
長崎での開催時にはサッカー以外にラグビー、エアライフルなどの競技を体験したが、本市ではサッカー、陸上競技、バスケットボール、ソフトテニスの4競技を実施。市内16小学校から160人が参加し、すべての競技を体験。各競技団体の指導者から普段は経験していない競技の基礎を学んだ。
女子サッカーで九州代表に選ばれた香椎彩香さん(霞翠6年)はソフトテニスでも才能を発揮。ラケットの中央でボールを捉えて、力強い打球を相手コートに打ち込み、サッカー練習中には見せない笑顔で取り組んでいた。
県サッカー協会の小川勇二専務理事は「決してサッカー人口を増やすことが目的ではなく、子どもたちがあらゆるスポーツに興味を持つきっかけを作ってあげたい。4競技団体がこのような協力、連携してくれたのは素晴らしいこと。将来はサッカー選手を目指す子どもでも、違うスポーツを経験することは大きな財産になる」と話した。
壱岐サッカー協会の山田武範会長も「子どもが少なくなる中、各競技部が子どもを奪い合うのではなく、互いが協力しスポーツを通して子どもを育てていく環境を整備したいという思いで計画した。各団体と協議を重ねて準備は大変だったが、子どもたちの真剣な眼差しと笑顔ですべてが吹き飛んだ」と手応えを感じていた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る