© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/25

「30歳の成人式in壱岐の島」 壱岐の現状をディスカッション

「第1回30歳の成人式in壱岐の島~粋(いき)る!勢(いき)る!壱岐る!」(同実行委員会主催)が15日、筒城浜キャンプ場バーベキュー広場で開催され、今年30歳を迎えた52人が参加した。参加者の6割は島外在住者だった。
同イベントは、成人式に続く「第2の成人式」として、20歳の時とは違った立場で同級生が故郷に一堂に介し、故郷について語り合う地方創生の一環。3年前から全国的な広がりを見せており、離島での開催は壱岐が初めてとなった。
参加者は8班に分かれて「30歳が考える壱岐の良いところ、悪いところ」をテーマにディスカッション。班の意見をまとめて、代表が壇上で発表した。良いところは「海の幸」「のどかさ」「博多が近い」「大人のスポーツが多い」「分け合う精神」などを挙げ、悪いところは「すぐに噂が広がる」「個人情報がだだ漏れ」「海砂取りを止めて欲しい」「賃金が安い」「物価・医療費が高い」「運転免許がないと暮らせない」などを挙げた。
これらの意見は実行委員会でさらにまとめ、市政策企画課に地方創生案として提出を予定している。また参加者は「10年後の自分に対して」の手紙を書き、実行委がタイムカプセルで保管。10年後に予定されている「40歳の成人式」で開封する予定となっている。
中尾拓也実行委員長は「初めての開催で広報など不慣れな面が多く、予定していた人数を集められなかったのが反省点だが、みんなに助けられて盛り上がることができた。まずは第1回をやったということが成果。1歳下の世代にしっかりと引き継いで、市の協力も仰ぎ、毎年より規模を広げて、壱岐の創生にこのイベントを役立てていきたい」と手応えを感じ取っていた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る