友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/25

「30歳の成人式in壱岐の島」 壱岐の現状をディスカッション

「第1回30歳の成人式in壱岐の島~粋(いき)る!勢(いき)る!壱岐る!」(同実行委員会主催)が15日、筒城浜キャンプ場バーベキュー広場で開催され、今年30歳を迎えた52人が参加した。参加者の6割は島外在住者だった。
同イベントは、成人式に続く「第2の成人式」として、20歳の時とは違った立場で同級生が故郷に一堂に介し、故郷について語り合う地方創生の一環。3年前から全国的な広がりを見せており、離島での開催は壱岐が初めてとなった。
参加者は8班に分かれて「30歳が考える壱岐の良いところ、悪いところ」をテーマにディスカッション。班の意見をまとめて、代表が壇上で発表した。良いところは「海の幸」「のどかさ」「博多が近い」「大人のスポーツが多い」「分け合う精神」などを挙げ、悪いところは「すぐに噂が広がる」「個人情報がだだ漏れ」「海砂取りを止めて欲しい」「賃金が安い」「物価・医療費が高い」「運転免許がないと暮らせない」などを挙げた。
これらの意見は実行委員会でさらにまとめ、市政策企画課に地方創生案として提出を予定している。また参加者は「10年後の自分に対して」の手紙を書き、実行委がタイムカプセルで保管。10年後に予定されている「40歳の成人式」で開封する予定となっている。
中尾拓也実行委員長は「初めての開催で広報など不慣れな面が多く、予定していた人数を集められなかったのが反省点だが、みんなに助けられて盛り上がることができた。まずは第1回をやったということが成果。1歳下の世代にしっかりと引き継いで、市の協力も仰ぎ、毎年より規模を広げて、壱岐の創生にこのイベントを役立てていきたい」と手応えを感じ取っていた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20214/5

風舞組が休館前最後の演奏。勝本・西部開発総合センター。

3月末で休館が決まった勝本町の西部開発総合センターのホールで、同所を活動拠点としていた壱州太鼓演奏集団の風舞組(中上良二代表、12人)が3月…

20214/5

椎の木からサクラ。鳥が実を運び成長。

3月下旬から市内各所でサクラが満開を迎えたが、旧沼津中学校近くの民家には、椎の木の先端から生えたサクラがあり、道行く人を楽しませている。 …

20214/5

原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。

県内唯一のクラフトビール醸造所、原田酒造(原田知征代表取締役)の「アイランドブリュワワリー」は3月24日から仕込みを始めた。今後、週1回のペ…

20213/29

成人の誓い新たに。市成人式199人出席。

新型コロナの感染拡大で1月10日から延期となっていた令和3年市成人式が20日、壱岐の島ホールであり、新成人199人(男91人、女108人)が…

ページ上部へ戻る