© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/25

3日連続の花火大会 絶好の天気に恵まれる

壱岐の夏の名物、3日連続の花火大会が13~15日、絶好の天気の下に行われた。
今年からいままでの16日から13日の開催に変更された勝本港の「2015壱岐の島夜空の祭典」には地元客、帰省客、観光客が約1万1千人詰め掛け、2200発の花火を堪能した。浴衣姿の若者も多く見られた。中村栄治実行委員長は「今年で無事に40回目を迎えることができた。壱岐の花火を目に焼き付けてください」と観客に呼びかけた。
14日の石田町納涼祭は、昨年が雨天中止だっため2年ぶりの開催。印通寺港広場に設置されたステージで盆踊り、バンド演奏などが行われた後、直径30㌢の綱をひく恒例の大綱引き大会が地区対抗で争われた。花火大会では365発が打ち上げられた。また同日、勝本港では勝本小学校校友会主催のペーロン大会が実施された。
15日は郷ノ浦のフェリーみしま発着所で郷ノ浦地区精霊流し保存会主催の第3回精霊・灯籠流しが、芦辺では瀬戸浦会主催の精霊流しが行われ、紙灯籠やもやい船を流して、新盆を迎えた故人や先祖を偲んだ。芦辺港の花火大会は、盆提灯や造花で飾られたもやい船を上から見守るように打ち上げられた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201810/12

女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会

市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子55回、女子38回)が4日、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース(1周1000㍍)の周回コース(男子6区間2…

201810/12

もしもの航路問題に備えて。

決して対岸の火事とは言えない出来事だった。上五島町の五島産業汽船が2日、全4航路で突然の運行停止となった問題だ。同社の負債総額は関連会社も含…

201810/12

イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成。再整備 も着手へ。

勝本町の壱岐イルカパークは7日、入園者100万人達成記念セレモニーを開いた。同園は平成7年4月1日にオープン。原則として年中無休で営業を続け…

201810/5

スペースシャトルの食事。一支国博物館で宇宙食フェア。

一支国博物館で9月24日、イベント「宇宙食を食べてみたい!宇宙食フェア」が開催された。 佐賀県武雄市の佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」…

201810/5

横文字多用は能力の欠如。

安倍晋三首相がトランプ米大統領と会談し、2国間によるTAG(物品貿易協定)の締結に向け新たな通商交渉に入ることで合意したというニュースがあっ…

ページ上部へ戻る