友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/25

3日連続の花火大会 絶好の天気に恵まれる

壱岐の夏の名物、3日連続の花火大会が13~15日、絶好の天気の下に行われた。
今年からいままでの16日から13日の開催に変更された勝本港の「2015壱岐の島夜空の祭典」には地元客、帰省客、観光客が約1万1千人詰め掛け、2200発の花火を堪能した。浴衣姿の若者も多く見られた。中村栄治実行委員長は「今年で無事に40回目を迎えることができた。壱岐の花火を目に焼き付けてください」と観客に呼びかけた。
14日の石田町納涼祭は、昨年が雨天中止だっため2年ぶりの開催。印通寺港広場に設置されたステージで盆踊り、バンド演奏などが行われた後、直径30㌢の綱をひく恒例の大綱引き大会が地区対抗で争われた。花火大会では365発が打ち上げられた。また同日、勝本港では勝本小学校校友会主催のペーロン大会が実施された。
15日は郷ノ浦のフェリーみしま発着所で郷ノ浦地区精霊流し保存会主催の第3回精霊・灯籠流しが、芦辺では瀬戸浦会主催の精霊流しが行われ、紙灯籠やもやい船を流して、新盆を迎えた故人や先祖を偲んだ。芦辺港の花火大会は、盆提灯や造花で飾られたもやい船を上から見守るように打ち上げられた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20212/22

改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。

NPO法人一支國研究会は、原の辻遺跡王都復元公園の復元建物の屋根に使う茅(かや)を栽培し、本年度初めて本格的に収穫した。 同復元公園は…

20212/22

ふるさと納税約3億円。8年ぶりに前年度比減。

本年度の市ふるさと納税の寄附額は10日時点で9525件2億9896万円となり、3月末までに若干の上乗せされ、約3億円になることが判った。この…

20212/22

市独自で幅広い業種へ支援金。1事業者当たり20~30万円。前年同月比売上 20%減など条件。

市は10日、市議会定例会2月会議(17日)に上程する議案を発表した。一般会計補正予算案は、新型コロナウイルス感染症第3波に対応する市緊急経済…

20212/15

コケで癒し空間提供。美容室K`sの松嶋さん。

郷ノ浦町の美容室K`sの松嶋勝弘さん(55)は、店内にコケ類を植えた水槽を飾り、来店客を楽しませている。 新型コロナの感染拡大が始まっ…

ページ上部へ戻る