© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

朝来市と友好都市提携 小山弥兵衛がつなぐ縁

壱岐市は6月27日、市制施行10周年を迎えた兵庫県朝来(あさご)市と友好都市提携の調印を、朝来市和田山ジュピターホールで行った。締結式で白川博一壱岐市長と多次勝昭朝来市長がお互いに市旗を交換した。
両市は1738年(元文3年)の元文一揆に端を発する小山弥兵衛と孫娘・心諒尼の縁によって、50年以上前から歴史、教育、経済交流を行ってきた。近年は「あしべ商工産業祭り」と「但馬・食文化まつり」での相互の特産品交流、箱崎小学校と朝来市立東河小学校などの文化・教育交流、一支国博物館・県埋蔵文化財センターでの歴史紹介など交流が活発化しており、壱岐市制10周年の昨年2月には「歴史・教育・経済パートナーシップ宣言」を行った。
白川市長は「これを機にさらに絆を深め、海と山という両市の違った特色を生かして、相互の地域振興と活性化を図っていく」と話した。提携を記念して、8月に市民劇団・一支国座の朝来市公演を行うことが決まっている。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20195/17

盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。

少年軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県予選が3~5日、大村市野球場などで行われ、壱岐市代表として出場した…

20195/17

5G時代見越した政策を。

4月22日に東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で起こったNTT東日本の海底ケーブル断線事故は、全国ニュースで大きく報じられることはな…

20195/17

女子バスケットのトップチーム「三菱電機コアラーズ」が壱岐合宿。

バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)で2018~19シーズンの準優勝チーム「三菱電機コアラーズ」の選手10人、スタッフ8人が12日から…

20195/10

ゴルフ場恒例の一般開放。令和初日の出は観られず。

異例の10連休となった今年のゴールデンウィークは、前半は天気がぐずつき、4月30日の平成最後の夕陽、5月1日の令和の初日の出観望は雲に覆われ…

20195/10

令和の目標はSDGs。

令和の新時代を迎えた。様々な問題を抱える日本の今後にとって、新時代の幕開けは打開のきっかけづくりになる。 北海道夕張市が財政破綻し、財…

ページ上部へ戻る