© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20142/14

郷ノ浦が両部門優勝 壱岐一周駅伝

一周駅伝(文化ホール前を一斉にスタート)

第56回壱岐一周駅伝大会(壱岐体育協会主催)が9日、壱岐文化ホール発着の13区間50・7㌔に、青年の部(25歳以下6人などで編成)、一般の部(26歳以上6人などで編成)とも各町1チームずつ計8チームが参加して行われた。
昨年同様、両部門とも郷ノ浦がスタートから先頭を奪い、圧倒的な強さを見せた。一般の部は1~7区ですべて区間賞。6区(4・3㌔)の川下和明(34)は降雨の中、区間記録に19秒差と迫る14分30秒をマークして、この区間だけで2位に4分半近い差を広げた。
アンカーの竹藤智弘(30)は2位以下に大きな差をつけて余裕のゴールイン。「昨年マークした大会記録の更新を狙っていましたが、この天気では仕方がありません。たすきを受けた時には大きく差が開いていたので、余裕を持って自分の走りができました。チームワークが最高でした」とレースを振り返った。ゴール後は娘から「パパ、速かったよ!!」と声を掛けられ、満面の笑顔を見せていた。
青年の部も郷ノ浦は13区間中10区間で区間賞を獲得。昨年のタイムを1分上回る3時間03分02秒で2位芦辺に20分以上の差をつけた。
【成績】(2位以下は区間賞のみ)▼青年の部 ①郷ノ浦3時間03分02秒(1区野元拓哉、2区桂木浩希、3区福田健太、4区中山太鳳、5区山口将孝、6区山内基大、7区山本大智、8区松山晃子、9区末永竜也、10区末永勝、11区吉田裕矢、12区中山莉子、13区永村龍之介)②芦辺3時間23分19秒(12区大久保舞香)③勝本3時間24分25秒(4区林田昂也)④石田3時間26分12秒(6区堤康平)
▼一般の部 ①郷ノ浦2時間56分15秒(1区松本隆之、2区浦川眞吾、3区金丸智彦、4区吉川廉哉、5区柴田正彦、6区川下和明、7区久保田誠司、8区山本みのり、9区三浦壱太朗、10区竹●優也、11区新原祐太、12区西本侑弥、13区竹藤智弘)②石田3時間14分09秒(4区豊永恭平、8区植村佳世、11区山下佳寛)③勝本3時間19分17秒④芦辺3時間23分00秒(12区田中亜可梨)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る