スポーツ

壱岐市はウォークラリー開催 ねんりんピック長崎2016

ねんりんピック長崎2016(第29回全国健康福祉祭ながさき大会=10月15~18日)の壱岐市実行委員会(委員長・白川博一市長)設立総会・第1回総会が6月24日、石田農村環境改善センターで開かれた。
ねんりんピックは県内15市町で26種目が開催され、壱岐市はウォークラリーの会場となる。同競技は、コース図にしたがって、課題を解決しながらグループで歩き、設定された標準時間と所要時間の差による「時間得点」と、課題の正解数による「課題得点」で競う野外ゲーム。
石田町~原の辻遺跡に5~6㌔の特設コースを設置する計画で、参加者は全国各県から高齢者70チーム(1チーム5人)の350人、一般(オープン)参加20チームの100人、計450人の出場を見込んでいる。
大会に先立ち、今年11月1日に同コースを用いたリハーサル大会を実施。上位3チームには本大会の優先出場権が認められる予定。実行委員会では各老人クラブなどに参加を呼び掛ける。
白川委員長は「昨年のがんばらんば国体時と同様に、万全の準備で全国からの出場者、関係者らを迎えたい」と話した。

 

関連記事

  1. 無人島に800人 辰ノ島フェスティバル
  2. 21個のメダル獲得 障がい者スポーツ大会
  3. 海・陸料理が大集合 地域おこし協力隊が発案
  4. 消防車が一斉放水 各地区で消防出初式
  5. 梅雨の壱岐路を銀輪が疾走 サイクルフェスタに618人出場
  6. 原島、長島分校で閉校式 4月から大島本校に統合 三島 小学校
  7. 県立大が離島フィールドワーク 来夏に学生150人以上が来島 包括…
  8. 島のひと「努力してなんぼ」国見高校サッカー部主将 郷ノ浦町出身 …

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP