© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20155/4

社説 マスコミを上手く活用する方策を

4月12日に市内で開催された樋渡啓祐元武雄市長の講演は、2時間があっという間だった。元官僚、市長とはとても思えない大胆な発想と過激な発言のオンパレードで、とにかく面白かった。
「前例がないことはしない」が美学と教わってきている通常の役人にとっては受け入れ難い話ばかりで、「敵が多い」と言うのもうなずけるものだったが、その人心掌握術はすごい。「樋渡教」という言葉があるが、出席者の多くは魅入られたのではないだろうか。
このような市長が誕生した当時の武雄市は、大混乱だったことだろう。これまでの慣習を根底から覆す施策ばかりなのだから、市役所職員の苦労が想像できる。だが樋渡さんは市長として、確かな数字を残した。市の借金は大きく減少し、人口減少もほぼストップがかかっている。数字を示されたら嫌樋渡派も何も言えない。
その話の中にはいろいろと参考になることがあったが、マスコミ関係者としてもっとも印象に残っている言葉は「マスコミをうまく利用する」だった。「素晴らしいことをやっても、報道されなかったら、それはやっていないことに等しい」「マスコミは異色な組み合わせに飛びついてくる」「見出しになるようなことをやり、その見出しを記者と一緒に考える」など様々なマスコミ活用法を語った。
「報道されなければ意味がない」という言葉に反感を抱く人がいるだろうが、樋渡さんは「マスコミ」=「市民」と考えている。マスコミの先には市民がいる。マスコミに語ること、マスコミに対しての態度は、そのまま市民に対しての言葉、態度である、という自覚に基づいている。
その面で、壱岐市で開催されるイベントでのマスコミ対応は改善の余地が大きい。地元記者はその対応にもう慣れてしまったが、本土から来る記者からの不満をよく耳にする。媚を売る必要はないが、マスコミが求める十分な情報提供を、まずはお願いしたい。一方で、壱岐に不利益をもたらすような虚偽の報道に関しては断固たる対応を行うこともまた、マスコミの活用法である。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る