© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

「国境の島 壱岐・対馬」が日本遺産認定 大陸との交流物語る壱岐の10文化財

文化庁は4月24日、新設した「日本遺産」に認定した18件を発表。長崎県からは「国境の島 壱岐・対馬~古代からの架け橋~」が認定された。
日本遺産は、全国の各地域に残る特色ある建造物や遺跡、景観などの文化財を整備・活用し、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを国内外に発信することにより、地域の活性化を図ることを目的としている。第1回は全国から83件の申請があった。
「国境の島 壱岐・対馬」のストーリーを構成する文化財数は27件(対馬市11件、壱岐市10件、五島市3件、新上五島町3件)。認定されたストーリーの概略は「壱岐は朝鮮との海上交易で王都を築き栄えた。その後、中継地としての役割は希薄になったが、古代住居跡や城跡は当時の隆盛を物語、焼酎などの特産物、民俗行事にも交流の痕跡がうかがえる。国境の島ならではの融和と衝突を繰り返しながらも、連綿と交流が続くこれらの島は、国と国、民と民の深い絆が感じられる稀有な地域である」などと紹介されている。
中村法道県知事は「日韓国交正常化50周年という節目の年に、このように朝鮮半島を中心とした大陸と本県との交流の足跡を描いたストーリーが、日本遺産に認定されたことを大変に嬉しく思う」とのコメントを発表。交流人口の拡大に期待を込めた。
▼ストーリーを構成する壱岐市の文化財 原の辻遺跡、同出土品、壱岐古墳群、笹塚古墳出土品、双六古墳出土品、勝本城跡、内海湾、岳ノ辻、カラカミ遺跡、生池城跡

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る