© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

「国境の島 壱岐・対馬」が日本遺産認定 大陸との交流物語る壱岐の10文化財

文化庁は4月24日、新設した「日本遺産」に認定した18件を発表。長崎県からは「国境の島 壱岐・対馬~古代からの架け橋~」が認定された。
日本遺産は、全国の各地域に残る特色ある建造物や遺跡、景観などの文化財を整備・活用し、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを国内外に発信することにより、地域の活性化を図ることを目的としている。第1回は全国から83件の申請があった。
「国境の島 壱岐・対馬」のストーリーを構成する文化財数は27件(対馬市11件、壱岐市10件、五島市3件、新上五島町3件)。認定されたストーリーの概略は「壱岐は朝鮮との海上交易で王都を築き栄えた。その後、中継地としての役割は希薄になったが、古代住居跡や城跡は当時の隆盛を物語、焼酎などの特産物、民俗行事にも交流の痕跡がうかがえる。国境の島ならではの融和と衝突を繰り返しながらも、連綿と交流が続くこれらの島は、国と国、民と民の深い絆が感じられる稀有な地域である」などと紹介されている。
中村法道県知事は「日韓国交正常化50周年という節目の年に、このように朝鮮半島を中心とした大陸と本県との交流の足跡を描いたストーリーが、日本遺産に認定されたことを大変に嬉しく思う」とのコメントを発表。交流人口の拡大に期待を込めた。
▼ストーリーを構成する壱岐市の文化財 原の辻遺跡、同出土品、壱岐古墳群、笹塚古墳出土品、双六古墳出土品、勝本城跡、内海湾、岳ノ辻、カラカミ遺跡、生池城跡

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20186/15

561人が壱岐路を疾走。第30回サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第30回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第18回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が1…

20186/15

都会での経験は若者に有意義。

市、壱岐振興局、ハローワーク壱岐が市商工会に対して、高卒求人確保の協力依頼を行った。昨年に続いての要請で、地域活性化のためには1人でも多くの…

20186/15

対立候補支援業者の指名外しで、白川市長、中原副市長不起訴。長崎地検処分発表。

平成28年4月の壱岐市長選で当選した白川博一市長の対立候補を支援したことで、選挙後に市発注公共工事の指名競争入札から除外されたとして、市内の…

20186/8

KDDI「しまものラボ」、離島産品の発信サポート。

通信大手のKDDI株式会社は、壱岐市、市商工会、離島経済新聞社とともに5月23日から壱岐市で、離島事業者を対象とした「しまものラボ」を開始し…

20186/8

家庭生活は男女平等ですか?

23日から29日まで「男女共同参画週間」が実施される。 長崎県は2016年3月に第3次基本計画を策定し、女性が力を十分に発揮できる社会…

ページ上部へ戻る