© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20153/13

B’zが壱岐島をひとつにした

syasetsu B’zのコンサートがきょう13日、壱岐文化ホールで開催される。島外からスタッフも含めて8百人程度が来島する予定で、その多くは初めて壱岐を訪れる人たちだと思われる。壱岐の良さを知ってもらう絶好のチャンスだ。
このコンサート観劇客をもてなそうと、2月20日に「B’zライブ歓迎委員会」が設立され、本番へ向けて様々な準備が行われている。10日には特注した「歓迎のぼり」を各港に20本ずつ設置。空港、文化ホールも当日までに設置して、雰囲気を盛り上げる。印通寺港の花壇は商工会女性部のメンバーが清掃した。
コンサートのタイトルになった「EPIC NIGHT(神がかり的な夜)」にちなんで、賛同者から壱岐の「神がかった写真」を募集して、歓迎ビデオを製作。ユーチューブなどで放映する計画も進められている。
コンサート後に食事をしたり、飲みに出かける人たちに対しては、深夜営業店などをイラストで示した判りやすい特性マップを配布。また約20人が会場周辺で道案内を行う。
その他、到着・出発時の出迎え、紙テープでの見送り、ライブ翌日の観光案内やサプライズの仕掛けなども予定。150人もの市民が登録しているフェイスブックページで「軽トラックが必要」と求めると、あちらこちらから協力の書き込みが相次ぐ。映像用の写真も次々に集まってくる。壱岐を訪れた人たちに心から楽しんでもらいたい、良い思い出を作ってもらいたいという気持にあふれた取り組みが行われている。
この組織の特徴は、観光に直接関わらない人たちが中心に動いていることだ。自身の利益など関係なしに、純粋に来島者のために、壱岐のために、ボランティア精神で活動している。所属している会社や団体も、住んでいる地域も関係なしに、“壱岐島横断的”なまとまりを見せている。これまでの壱岐では見られなかった団結の仕方ではないだろうか。
B’zが壱岐にもたらしてくれたものは、8百人の来島者以上のものがあったように思える。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20186/15

561人が壱岐路を疾走。第30回サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第30回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第18回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が1…

20186/15

都会での経験は若者に有意義。

市、壱岐振興局、ハローワーク壱岐が市商工会に対して、高卒求人確保の協力依頼を行った。昨年に続いての要請で、地域活性化のためには1人でも多くの…

20186/15

対立候補支援業者の指名外しで、白川市長、中原副市長不起訴。長崎地検処分発表。

平成28年4月の壱岐市長選で当選した白川博一市長の対立候補を支援したことで、選挙後に市発注公共工事の指名競争入札から除外されたとして、市内の…

20186/8

KDDI「しまものラボ」、離島産品の発信サポート。

通信大手のKDDI株式会社は、壱岐市、市商工会、離島経済新聞社とともに5月23日から壱岐市で、離島事業者を対象とした「しまものラボ」を開始し…

20186/8

家庭生活は男女平等ですか?

23日から29日まで「男女共同参画週間」が実施される。 長崎県は2016年3月に第3次基本計画を策定し、女性が力を十分に発揮できる社会…

ページ上部へ戻る