© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

ハイジャック訓練実施 6機関が連携を確認

ハイジャック(臨場感あふれる訓練) 壱岐空港ハイジャック・消火救難訓練(壱岐振興局、壱岐署、市消防本部主催)が19日同空港で、壱岐署、市消防本部、壱岐空港自衛消防隊など6機関45人が参加して実施された。
長崎空港から対馬へ向かったORC機が爆発物を所持した犯人にハイジャックされ、壱岐空港に緊急着陸。ハイジャック犯は人質を連れて逃走を図かる。また機内に残されていた爆発物により火災が発生し、避難中の乗客の一部が取り残された、という想定で、ハイジャック・消火救難の訓練が併せて行われた。
ハイジャック犯が航空機から飛び出すと、警察官が追いかけ、刺股(さすまた)、突棒(つくぼう)、ジュラルミン盾などの捕具を使って取り囲み、瞬く間に確保を終えた。
ベニヤ板で作られた航空機の張りぼてから火が上がると、負傷者などを救助して搬送。消防署壱岐空港出張所の空港災害用化学消防車などが一斉放水を行い鎮火するなど、各機関が連携を確認した。
壱岐署・中嶋欽也署長は「まさか壱岐でハイジャックなど起こらないだろうと考えがちで危機意識の持続が難しいが、近年のネット社会、グローバル化を考えると、いつどこで何が起こるのか判らない。万が一、事件が起こってもけが人を出さないように、常に訓練しておくことが肝心」と講評を行った。

ハイジャック(手際よく犯人を確保)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20198/9

盈科が全国大会で健闘。高野山旗全国学童軟式野球大会

少年軟式野球の第24回高野山旗全国学童大会が7月28~31日に和歌山県高野町の高野山大学グラウンドなどで開かれ、全国都道府県の予選を突破した…

20198/9

スポーツの猛暑対策を。

全国的に猛烈な暑さに襲われている。7月31日は全国2百地点以上で35℃以上の猛暑日となった。本市の最高気温は石田測候所33・0度、芦辺測候所…

20198/9

LED3千個で白沙八幡神社をライトアップ。大大神楽とのジョイントイベント「かみあかりの夜」。

市は3日、石田・筒城浜ふれあい広場野外ステージで開かれた第23回壱岐大大神楽公演に合わせて、隣接する白沙八幡神社でライトアップイベント「神々…

20198/2

山本二三さんがアニメーション制作実演。一支国博物館特別講座

一支国博物館で開催中の「山本二三展」に合わせて、7月21日に特別講座「アニメーション美術監督・山本二三による制作実演」が同館で開かれ、約30…

20198/2

大型店、続々出店のリスク。

経済産業省はこのほど、今年5月に申請された大規模小売店舗立地法に伴う新設届け出を発表し、本市では郷ノ浦町柳田触に建設中の「ドラッグコスモス壱…

ページ上部へ戻る