© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

ホークミサイル展示 陸自が初イベント

陸自イベント(ホークミサイル前で記念撮影)壱岐では初めての陸上自衛隊車両などの展示・一般公開が19日、芦辺港近くの特設会場で行われ、1000人近い人出で賑わった。
展示されたのは改良ホークミサイル、120㍉迫撃砲、82式指揮通信車、73式大型トラックなど、大村、飯塚駐屯地に配備されている車両など。18日に対馬駐屯地創立34周年記念行事でパレードを行い、その帰りに壱岐に立ち寄り、一般公開が実現した。
イベントを企画した自衛隊長崎地方協力本部・松木園泰広募集課長は「これまで対馬で行事あっても、まっすぐフェリーで福岡へ向かっていたが、せっかくフェリーが壱岐に立ち寄るのだから、壱岐の皆さんにも見ていただきたいと考えていた。自衛隊の活動をより身近に感じてもらえればうれしい」と多くの来客に笑顔を見せた。
国体ソフトボール競技の応援で福岡市から来島していた片岡美智子さん(36)と長女の歩さん(5)は、迷彩色の制服を着てミサイルの前で記念撮影などを楽しんだ。美智子さんは「ソフトボール会場から見えたので、来てみました。観光をする時間がなかったので、子どもには楽しい壱岐の思い出になりました」と喜んでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る