スポーツ

全日本、総体で全国制覇誓う 選抜九州大会優勝の郷ノ浦中 軟式野球部 市長を表敬

3月19、20日に熊本市で開かれた第19回九州中学生選抜軟式野球大会に優勝した郷ノ浦中学野球部のメンバーらが28日、市役所を表敬訪問し、白川博一市長、久保田良和教育長に優勝を報告した。本市中学野球部が九州大会で優勝するのは初。同大会の長崎県代表校優勝は15年ぶり。白川市長は「郷ノ浦中は壱岐では最大規模だが、九州全体を考えればかなりの小規模校でまさに快挙。走攻守とチームワークの良さが合わさった結果だ。選抜は全国大会がないのが残念だが、次は中学総体で全国を目指してもらいたい」と激励した。

関連記事

  1. 壱岐高生徒も参加 北京五輪応援プロジェクト
  2. 20、21日に高校総体北九州大会陸上競技 益川がインターハイ目指…
  3. 市議会定例会5月会議 耐震工事は合併特例債期限内に完了目指す
  4. 県立大が離島フィールドワーク 来夏に学生150人以上が来島 包括…
  5. 中村知事“一回り”見て判断 県病院企業団への加入時期 市長要望に…
  6. 盛大に市制10周年記念式典 17人・14団体を表彰
  7. 壱岐市中体連陸上競技写真アルバム

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP