スポーツ

全日本、総体で全国制覇誓う 選抜九州大会優勝の郷ノ浦中 軟式野球部 市長を表敬

3月19、20日に熊本市で開かれた第19回九州中学生選抜軟式野球大会に優勝した郷ノ浦中学野球部のメンバーらが28日、市役所を表敬訪問し、白川博一市長、久保田良和教育長に優勝を報告した。本市中学野球部が九州大会で優勝するのは初。同大会の長崎県代表校優勝は15年ぶり。白川市長は「郷ノ浦中は壱岐では最大規模だが、九州全体を考えればかなりの小規模校でまさに快挙。走攻守とチームワークの良さが合わさった結果だ。選抜は全国大会がないのが残念だが、次は中学総体で全国を目指してもらいたい」と激励した。

関連記事

  1. 勝本が熱戦を制す ライオンズ少年野球
  2. 郷ノ浦港からダイビング?
  3. 「甲子園優勝で壱岐に恩返しを」海星・小畑、土谷にインタビュー
  4. 少年サッカー初の地元大会 壱岐アイランドカップ
  5. キャンドルを陸前高田へ 市ボランティアの集い
  6. 4会場で敬老会 70歳以上7598人
  7. 壱岐商から25年ぶり快挙!松下がインターハイ出場決める。北九州総…
  8. 九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP