スポーツ

全日本、総体で全国制覇誓う 選抜九州大会優勝の郷ノ浦中 軟式野球部 市長を表敬

3月19、20日に熊本市で開かれた第19回九州中学生選抜軟式野球大会に優勝した郷ノ浦中学野球部のメンバーらが28日、市役所を表敬訪問し、白川博一市長、久保田良和教育長に優勝を報告した。本市中学野球部が九州大会で優勝するのは初。同大会の長崎県代表校優勝は15年ぶり。白川市長は「郷ノ浦中は壱岐では最大規模だが、九州全体を考えればかなりの小規模校でまさに快挙。走攻守とチームワークの良さが合わさった結果だ。選抜は全国大会がないのが残念だが、次は中学総体で全国を目指してもらいたい」と激励した。

関連記事

  1. 壱岐署で武道始め 柔道・剣道で汗
  2. 1620点が展示 石田町老連作品展
  3. 川内優輝が壱岐で走り初め。歴代最高ハーフ1時間6分35秒。壱岐の…
  4. 盈科が全国大会で健闘。高野山旗全国学童軟式野球大会
  5. 壱岐署に新警備艇 最高速度40ノット
  6. 層厚い陸上大国・壱岐。市中体連陸上・相撲競技大会
  7. 県ねんりんピック マラソンで金2つ
  8. 3機関が連携を宣言 いざ本番、ごっとり市場

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP