地域情報

一支国博物館は減少 GW観光客数 

県は8日、大型連休期間中の観光客の動向を発表した。4月25日~5月6日の12日間の観光客数は57万8365人で、平成26年(11日間)と比べ105・5%、1日平均は同96・7%だった。
主要観光施設の調査で、一支国博物館の来館者数は期間中4888人で、昨年の5034人から減少したが、平日平均は139人から166人に増加した。

 

関連記事

  1. 旧箱崎中に障害者支援施設 平成29年4月事業開始
  2. モデル空き家整備で移住促進。市生涯活躍のまち推進協議会
  3. 壱岐の歴史解明へ。定光寺前遺跡を発掘。壱岐高生。
  4. 12月会議からタブレット導入へ 市議会ICT推進特別委
  5. 野上恵子が豪マラソン2位 十八銀行壱岐合宿の成果発揮
  6. 5種目で大会新記録 壱岐の島新春マラソン
  7. 貞方さんは優秀賞 県中学生弁論大会
  8. 海女レーベル初登場 大川香菜さんのAMARMADE

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP