地域情報

一支国博物館は減少 GW観光客数 

県は8日、大型連休期間中の観光客の動向を発表した。4月25日~5月6日の12日間の観光客数は57万8365人で、平成26年(11日間)と比べ105・5%、1日平均は同96・7%だった。
主要観光施設の調査で、一支国博物館の来館者数は期間中4888人で、昨年の5034人から減少したが、平日平均は139人から166人に増加した。

 

関連記事

  1. 郷ノ浦が競り勝つ 市中学ソフトボール
  2. 泥んこバレーに18チーム。地元勢が初優勝果たす。
  3. 御朱印など3店で販売 小島神社
  4. 県大会10連覇達成!! ポンプ車の部・芦辺地区第1分団 県消防操…
  5. 対馬から9人参加 市バドミントン大会
  6. サイクルラック11基を寄贈 イゾラーニ・ファルコーネ
  7. 芦辺は惜しくも準優勝 市長旗中学生軟式野球
  8. 長崎デザインアワードで大賞。壱岐の蔵酒造。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP