歴史・自然

軽石が一部海岸に漂着 小笠原諸島の海底噴火から10か月 船舶は注意を

市内の一部海水浴場に軽石が漂着しているのが見つかった。船の故障に繋がる恐れがあることから、市は注意を呼び掛けている。4日、芦辺町の男性が清石浜海水浴場に漂着している軽石を見つけた。大きさは1㍉~7㌢ほどで、海岸に打ち上げられた海藻やゴミに混じり、帯状に漂着していた。県壱岐振興局水産課が市内一円を確認したところ、郷ノ浦町のツインズビーチや石田町の錦浜など各所で見つかった。

関連記事

  1. 自然農法でアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 約1万点の土器片見つかる 車出遺跡群田ノ上地区
  3. 韓半島東南部から対馬経由で持ち込みか 原の辻遺跡の国内初例 馬…
  4. 海面へ一直線 大型海鳥 カツオドリ
  5. ゲンジボタルの瞬き鮮やか 各所で乱舞 見頃迎える
  6. カサゴ放流と清掃 渡良小児童 環境問題考える
  7. 庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説
  8. ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP