地域情報

壱岐市民に支援を呼び掛け ウクライナ出身の小野ヤーナさん

ウクライナ出身で1年半前から本市で暮らし、中学校で英語講師などをしている小野ヤーナさんが、自身が理事長を務めているNPO法人「BEAUTIFUL WORLD」を通して、ウクライナへの支援を呼び掛けている。

ヤーナさんは「ご存じの通り、2月24日にロシアによる侵略が始まり、私の実家のあるハリコフはキエフに次ぐ第2の都市で、激しい攻撃を受け、シンボルであった広場や建物が破壊されました。一般市民は爆撃や銃撃に怯え、地下壕や地下鉄の駅に避難し、自宅に帰って暖かいベッドで眠ることもままなりません。これから食糧や日用品が不足することが考えられます」とハリコフの厳しい状況を訴えた。

その上で「日本にいる私にできることは何かを考えた時に、戦時である今は銀行などが機能を停止しており何もできませんが、ウクライナが停戦し、人々が生活の再建をする時に金銭の援助ができればと思いました。私はウクライナや周辺国の障がい者を支援するNPO法人を設立しておりますので、そちらで皆様からのご支援を募り、必ず責任を持って現地に持参、あるいは送金をしようと思っています。このNPO法人は完全にボランティアでやっていますのでご支援いただいた金額の全額を支援に回すことができます。私の祖国、ウクライナへお気持ちだけでも結構です。お力をお貸ししただけませんでしょうか」と市民にお願いしている。

「BEAUTIFUL WORLD」のサイト(https:www.bwnpo.org)からクレジットカードで千円、5千円、1万円の3種類の支援ができる。また銀行振り込みでも寄付を受け付けている。
▽十八親和銀行壱岐中央支店 普通3051594 NPO法人 Beautiful World

関連記事

  1. 豪快にマグロ解体ショー 博物館など開館5周年イベント
  2. 幸福の使者コウノトリ飛来 但馬との友好関係を深める
  3. 学生スポーツ・文化の栄誉称える。1団体と3人に市長特別表彰。
  4. 白川市長が初登庁 訓示で市職員にげき
  5. 「ミライon図書館」大村市に5日開館。
  6. プレミアムチケット完売。6月1日から第2回発売。
  7. 住民の魅力を取材。「壱州人辞典」協力隊が企画。
  8. 古代米刈り入れ祭 杵、臼で脱穀体験

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP