地域情報

345人が熱戦。校内百人一首大会

壱岐高校(山口千樹校長)と虹の原特別支援学校高等部壱岐分校(池田英俊校長)は11日、合同の校内百人一首大会を同校体育館で開いた。
日本古来の伝統遊戯に親しみ、伝統文化を尊重する姿勢を育むことなどを目的に、壱岐高では1976年から行われている恒例行事で、一昨年から同分校と合同で実施。1、2年の345人が1チーム5人以下のチームを編成し、クラス対抗の団体戦形式で腕前を競った。
壱岐高・山口校長は「私は高校時代に11枚取った。皆さん、校長超えを狙ってください」と生徒にハッパ。遠くの札に体ごとダイビングする豪快な姿も見られた。
生徒会副会長の長嶋冴映さん(2年)は「私の2年1組は毎年好成績なのでプレッシャーがあったが、16枚取れて少しだけ貢献できたと思う。日本の伝統文化をこれからも大切にしていきたい」と話した。

関連記事

  1. 運賃低廉化に8337万円。新年度一般会計当初予算案
  2. 廃校舎ドローン教室に マリンハビタット壱岐が開所式
  3. 230人が6㌔コースを歩く 第16回原の辻ウォーク
  4. テレワークセンターがオープン。原の辻遺跡前に5社がサテライトオフ…
  5. 学園祭で壱岐ブース開設。博多女子高校生徒が販売。
  6. 仮装で商店訪問 ハロウィン祭
  7. 壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール
  8. 芦辺JF桟橋破損 復旧に1か月以上か

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP