地域情報

3万個のイルミネーション。旧初山中で1月4日まで点灯。

旧初山中学校で12日、初山を考える協議会(山川和夫会長)主催のクリスマス・イルミネーション点灯式が行われた。
サンタクロースの衣装などを着た初山小学校と初山保育園の児童ら約20人が一斉にスイッチを入れると、校舎と庭木に飾られた色とりどりのイルミネーションが点灯し、幻想的な世界が広がった。
廃校になった中学校を飾り付けすることで地域を明るくし、年末年始に帰省する初山中卒業生に寂しい思いをさせないようにする目的で、平成24年から始めて今年5回目を迎えた。イルミネーションを担当している市山具宏副会長は「毎年徐々に増やしており、いまでは電球が3万個以上になった。設置は大変だが、子どもたちに喜んでもらえると嬉しい」と話した。
点灯は1月4日まで、午後6時から9時まで行われ、毎日の点灯、消灯は同会のメンバーが交代で行う。

関連記事

  1. そのぎ茶を堪能。春満載ランチ開催。
  2. ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人…
  3. 木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。
  4. 芦辺中学校工事遅延問題、市長・教育長の給与減額。
  5. 猿川伊豆「長崎街道プレミアム」 県特産品新作展で最優秀賞
  6. 壱岐産米でおもてなし こぎ出せミーティング
  7. 疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。
  8. インドIT企業2社が本市進出。山本県議が橋渡し役。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP