地域情報

母校壱岐高で中国語教える。上海大3年、百﨑さん非常勤講師に。

壱岐高校東アジア歴史・中国語コースで行われている中国語の授業に、同コースを卒業した百﨑琳恭(りく)さん(22)=石田中出身=が非常勤講師として教壇に立ち、生徒に中国語を教えている。

百﨑さんは現在、上海外国語大学国際経済貿易学部の3年生。昨年1月、新型コロナ感染症の拡大に伴い、やむなく帰国して以降、市内の自宅でオンライン授業を受けている。

壱岐高校では本年度、同様に上海から中国語教諭が来日できてないことから、帰国していた百﨑さんに非常勤講師を依頼。同校で中国語を教える深川文教諭のサポート役として、先月から全学年の中国語授業を担当し、語学だけでなく、上海での生活などの体験談を紹介したりしている。

16日午前にあった1年生12人の授業では、百﨑さんは単語の発音を教えたほか、生徒に「この服の色は何色ですか」「これ飲みますか」などと中国語で投げかけ、生徒も中国語で返していた。

深川教諭によると、中国語の発音や言い回しは教科書や辞書通りでないこともあり、細かい表現やニュアンスなどを〝本場仕込み〟の百﨑さんに確認することもあるそう。

学部内に日本人はほぼおらず、大学の講義や日々の生活など全て中国語を話して暮らしている百﨑さん。「コロナで(生徒が)上海研修に行けていないので、少しでも文化を知ってもらって進学に生かしてもらえたら。このコースに来てよかったと思って貰えればうれしい」と話した。百﨑さんは夏休みまでの1学期いっぱい、教壇に立つ予定。

関連記事

  1. 高校生やイタリア人、建設会社社長ら、壱岐の未来に11のテーマ提案…
  2. 四季菜館が新装オープン。店舗面積が3倍に拡大。
  3. 郷ノ浦は65人出席 自治公民館長会議
  4. 港湾整備3点に前向き回答。印通寺港、初山漁港は初要望。壱岐市から…
  5. 小島神社周辺などを清掃 内海湾振興会、氏子ら60人
  6. 「ミライon図書館」大村市に5日開館。
  7. 中原康壽副市長が辞任。異常事態続く壱岐市、久間総務部長は長期休暇…
  8. カンボジアでの経験活かす。地域おこし協力隊員・石原さん。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP