社説

合同チームにバックアップを。

高校野球の熱いシーズンが始まった。壱岐勢も7日に壱岐、8日に壱岐商が1回戦で登場する。長崎よりもひと足早く6月23日から始まっている北海道地区の予選結果を見ていると、聞き慣れない「高校名」が目についた。北海道で30年間スポーツ記者をしていたので、道内の知らない高校名はなく、それが合同チームの名称であることは判るのだが、さすがに「上士更農士新大」は解読できなかった。

これは上士幌・更別農業・士幌・新得・大樹の5校の合同チームなのだが、確かに5校とも道東地区の学校ではあるが、道東の中心地である帯広を挟んで西南北に分散しており、上士幌と大樹は南北に100㌔程度も離れている。「南茅大農奥尻」は南茅部・大野農・奥尻の合同チームだが、奥尻は壱岐と同じ離島の高校だ。合同チームといっても距離や交通の問題で合同練習がほとんどできないチームもある。日本高野連は6月29日、全国の硬式野球部員数が昨年度より8389人少ない15万3184人で4年連続の減少、加盟校数は18校減の3917校で13年連続減少となったことを発表した。これは高校野球だけのことではなく、少子化があらゆる学生スポーツに影響を与えてきている。

本市にとっても他山の石ではない。壱岐商野球部は部員が11人しかいない。今春の1年生新入部員は1人もおらず、2年生部員が3人だけで、今秋以降の新チーム結成は危機的な状況で、壱岐との合同チームも視野に入れなければならないかもしれない。小学校、中学校の野球、ソフトボールなどの団体スポーツも状況は似通ってきている。少子化の上、子どもたちのスポーツへの興味も多様化しているため、多くのクラブ活動、クラブチームが部員不足になりつつある。子どもたちが希望するスポーツはなるべくやらせてあげたいので、クラブ再編よりも合同練習の移動のための手段を講じるなど、行政のバックアップが必要ではないだろうか。

関連記事

  1. 社説・「人は乾杯の数だけ幸せになれる」
  2. スポーツ施設の整備を。
  3. シティマネージャー制度で変革を
  4. 社説・九電に対してもっと要求を
  5. 社説・心ないヤジは止めて欲しい
  6. 情報化時代の危機管理能力。
  7. 人口減少問題が深刻さ増す。
  8. 社説・子ども議会に学ぶこと

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP