スポーツ

壱岐玄海酒造TCが4位 いわて国体綱引競技会

2016いわて国体公開競技の綱引競技会が3、4日に花巻市総合体育館で行われ、1月の九州オープン大会で優勝し九州代表として出場した壱岐玄海酒造TC(米村誠晃監督)が、成年男子の部ベスト4入りを果たした。
同チームは予選B組を3勝1敗の2位で勝ち抜き、決勝トーナメントに進出。準々決勝で宮城県Aを1‐0で破った。準決勝は優勝した福井県に0‐2で敗れ、3位決定戦も秋田県に0‐1と及ばず、表彰台は逃した。
米村監督は「福井は3月の全国大会でも敗れていて、やはり強いチームだった。うちは若手が3年目を迎えて、徐々に力をつけている段階。7月の西日本大会で準優勝して、すでに来年3月の全日本選手権の出場権を獲得しているので、そこへ向けて良い経験になった」と話した。
▽壱岐玄海酒造TCメンバー 辻萬吉、山口武、山川信広、山川康、辻田隆浩、山縣聡、松永晃成、野田亮、山内基大、下條祥平

 

関連記事

  1. 女子は田河が優勝 全日本小学生バレー
  2. 壱岐市中体連陸上競技写真アルバム
  3. 盈科Aが3年ぶり優勝 小学生駅伝大会
  4. 郷ノ浦港からダイビング?
  5. 新顔イルカ3頭が仲間入り 今年度中にさらに3頭増頭 イルカパーク…
  6. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  7. 九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん
  8. 泥んこバレーで子どもに還る V‐Ancientが3連覇

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP