スポーツ

壱岐玄海酒造TCが4位 いわて国体綱引競技会

2016いわて国体公開競技の綱引競技会が3、4日に花巻市総合体育館で行われ、1月の九州オープン大会で優勝し九州代表として出場した壱岐玄海酒造TC(米村誠晃監督)が、成年男子の部ベスト4入りを果たした。
同チームは予選B組を3勝1敗の2位で勝ち抜き、決勝トーナメントに進出。準々決勝で宮城県Aを1‐0で破った。準決勝は優勝した福井県に0‐2で敗れ、3位決定戦も秋田県に0‐1と及ばず、表彰台は逃した。
米村監督は「福井は3月の全国大会でも敗れていて、やはり強いチームだった。うちは若手が3年目を迎えて、徐々に力をつけている段階。7月の西日本大会で準優勝して、すでに来年3月の全日本選手権の出場権を獲得しているので、そこへ向けて良い経験になった」と話した。
▽壱岐玄海酒造TCメンバー 辻萬吉、山口武、山川信広、山川康、辻田隆浩、山縣聡、松永晃成、野田亮、山内基大、下條祥平

 

関連記事

  1. 65の体験メニューを再構築 料金・時間・内容を見直し 壱岐島ごっ…
  2. サイクルフェスタ 671人が申し込み
  3. 元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。
  4. 山本氏が無投票で再選 県議会議員選挙壱岐市選挙区
  5. 壱岐出身2選手が優勝目指す ソフトボール・豊永優
  6. 壱岐市選抜は2回戦敗退 離島甲子園五島大会
  7. 壱岐市ソフトテニスジュニア選手権春季大会
  8. 壱岐高放送部がラジオ最優秀賞 「『原爆物語』~未来へつなぐ声~」…

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP