地域情報

白川市長が初登庁 訓示で市職員にげき

 10日の市長選挙で3選を果たした白川博一市長(65)が新任期初日の18日、市役所郷ノ浦庁舎に初登庁した。玄関前には市幹部らが拍手で出迎え、女性職員から花束が渡された。
 同日午後6時から文化ホール中ホールで、市職員約350人の前で訓示を行った。白川市長は「市総合計画、まち・ひと・しごと総合戦略・人口ビジョンを強力に推し進めていく。20日に参院本会議で成立予定の国境離島新法を最大限に活用して壱岐振興につなげていくために、職員は積極的な提案を行ってもらいたい。これまでの慣習を打破することが望まれている。壱岐の輝かしい未来へ向け、一層の奮闘をお願いする」とげきを飛ばした。

関連記事

  1. ながさき建築賞奨励賞。睦設計コンサルタント。
  2. 劇団未来座が旗揚げ 壱岐からスターを
  3. 本市で最大7㍍津波の可能性 県が津波浸水想定を見直し
  4. キューバの島から壱岐の島へ 笹原直記副市長インタビュー
  5. 驚愕の平均価格8・9%増。アフターコロナ見えた子牛市場。2年4か…
  6. ギネス世界記録達成 555人が壱岐牛リレー
  7. 原の辻ガイダンスお田植え祭に150人参加
  8. お手柄連携プレー 特殊詐欺を未然防止

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP