地域情報

車イスのまま搭乗可能 壱岐空港に専用スロープ

ORC(オリエンタルエアブリッジ)はこのほど、車イスのまま機内への乗降が可能になる「パッセンジャー・ボーディング(旅客搭乗)・スロープ」(PBS)を壱岐空港に設置。運用を開始した。同社では長崎空港に続いての導入で、対馬空港でも導入が決まっている。五島福江、福岡空港は専用リフトを使用している。
悪天候や風向きによって使用できない日もあるが、PBSを体験した郷ノ浦町の浦川勝世さん(62)は「これまでは車イスごと抱えてもらったり、おんぶをしてもらったりして乗降していたが、やはり気兼ねする部分があった。PBSなら係員の負担が軽減されるので気軽に利用できるし、安心感もまったく違う。旅行へ出かける機会が増えそうです」と同社のバリアフリーへの取り組みに感謝していた。

関連記事

  1. 築150年の歴史活用 22日オープン酒蔵喫茶との
  2. 椎の木からサクラ。鳥が実を運び成長。
  3. 空港滑走路延長が急務。後継機の運用定員わずか27人。ORCが検証…
  4. 海・陸料理が大集合 地域おこし協力隊が発案
  5. 壱岐商野球部、6人が体験入部し9人揃う。秋季大会出場へ向け練習開…
  6. 国内初?馬形の青銅製品。原の辻遺跡から出土。
  7. 岩本親子がファミリー3連覇。壱岐の島新春マラソン大会
  8. 壱岐逸品 第二十九品『壱岐味鶏の炙り刺し』

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP