スポーツ

大牟田・江口(石田中出身)が快走 福岡県高校駅伝大会

江口(後続を大きく突き放す大牟田・江口) 全国高校駅伝福岡県大会が2日、嘉麻市の嘉穂総合運動公園陸上競技場を発着点に行われた。男子(7区間42・195㌔)は大牟田が2時間6分30秒で29年連続35度目の優勝を果たし全国高校駅伝出場権を獲得したが、その4区で見事な走りを見せたのが石田中出身の江口智耶(3年)だった。
2位と約2分差のトップでたすきを受けた江口は、4区(8・0875㌔)で24分01秒をマークし、圧倒的な強さで区間賞を獲得。区間2位の自由ヶ丘・山口とは38秒差、3位飯塚・鈴見とは1分21秒差で、勝負を決定づける大差をつけた。4区の区間記録は23分57秒で、記録まであと4秒と迫る快走だった。
石田中から、高校陸上長距離界でトップに君臨する大牟田に入学し、これまで疲労骨折など故障に苦しみながらも、全国から集まったトップランナーの中で勝ち抜いて、今年は駅伝の主要メンバーに選出された。
大牟田は昨年の全国高校駅伝で、わずか1秒差で優勝を逃した。今年のタイムは、昨年の県大会を4秒上回るもので、さらにレベルアップが図られている。12月21日の京都・都大路で2000年以来14年ぶりの全国制覇を目指すチームにとって、江口の存在は極めて大きい。

関連記事

  1. 雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。
  2. 日韓友情ウォーク 王都復元公園を満喫
  3. 市議と市民が直接対話 壱岐の明るい未来のために 郷ノ浦・勝本 市…
  4. 山内賢明さんが受賞 離島振興60周年表彰
  5. 最優秀賞に郷ノ浦・貞方陽菜さん 第65回中学生弁論大会
  6. 田中は4分53秒31 記録会中学千五百㍍
  7. 九州S1(日本酒)グランプリ準優勝 重家酒造の純米大吟醸「横山5…
  8. サイクルラック11基を寄贈 イゾラーニ・ファルコーネ

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP