友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20224/25

守時タツミピアノコンサート 30日 一支国博物館で開催

30日に一支国博物館でピアノコンサート「景色の見える音楽会」を開く守時タツミさんが13日、オンライン取材で3年ぶり3回目の壱岐公演への意気込みを語った。

守時さんは日本各地を訪れ、その土地で聞こえてくる音を収録。その時に見た風景とその場で感じた思いを曲にする「MOTTAINAI SOUND」プロジェクトを2007年からスタート。19年からはNHKラジオ深夜便で「景色の見える音楽」のレギュラーコーナーを担当している。

全国ツアーに壱岐を組み込んでいるのは、天の川酒造の西川幸男社長と若い頃に東京の喫茶店でバイト仲間だったことが縁。18年のコンサートで来島時には壱岐の音も収録し、5枚目のアルバムには壱岐の神社に吹き抜ける爽やかな潮風とその風景からインスパイアされた楽曲「風そよぐ」が収録されている。

守時さんは「コロナ禍でコンサートの多くが中止になったが、神奈川の海辺に引っ越して毎日素潜りをしたり、実家の岡山では畑を耕し、栗を拾うなどのスローライフを楽しんでいた。プライベートの生活スタイルを変えながら音楽を見直す時間に充てられたのは良かった」と話した。

オンライン配信も行っていたが「それでもやはり対面でのコンサートをやりたかった。3年ぶりに壱岐に行けるのは本当に嬉しい。コロナや戦争で心が疲弊している人が多いと思う。気持ちがスカッとなれる曲、心が癒される曲を壱岐の皆さんにお届けしたい」と30日のコンサートへの思いを寄せた。

コンサートは3階多目的ホールで午後2時開演。入場料は大人1500円、中学生以下500円。チケットは一支国博物館、天の川酒造で販売している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る