友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20211/18

高校生の文化芸術祭。壱州祭20日まで開催。

壱岐高・壱岐商合同の高校生による文化芸術祭「第8回壱州祭」が9日、一支国博物館1階テーマ展示室で開幕した。展示は20日まで。入場無料。

作品・研究論文の展示は壱岐高の美術部、写真部、書道部、科学部、東アジア歴史・中国語コース歴史学専攻、壱岐商の報道部の計42点。壱岐商の壱州荒海太鼓部、吹奏楽部は30日午後2時からのイベントで演奏・演舞などを行う予定。

壱岐高美術部は、壱岐ウルトラマラソンTシャツデザイン、壱岐サイクルフェスタポスター原画など今年度取り組んだ地域貢献活動が、大会中止のため披露の場を失ってしまったが、web開催となった県高校総文祭で山口晶葵さん(3年)の「HOME TOWN」が優秀賞を受賞し、県代表として九州総文祭熊本大会に出品された。

壱岐高科学部は「『浜辺の海藻の状況』と『イスズミの調理法探求』から磯焼けを考える」をテーマに研究成果を展示。塩樽、大浜の海水浴場に打ち寄せられた海藻を採集し分析。また大浜、塩津浜の現状を過去の写真と比較し、「打ち寄せ藻から壱岐島周辺で生育している海藻の特定には至らなかったが、少なくとも大浜、塩津浜の海岸に生育する海藻は無い状況だった」と結論を導いた。またイスズミの調理は「アヒージョや唐揚げカレー味など強い味付けで、美味しさやにおいが軽減できる」などと結論付けた。

壱岐高書道部の作品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る