友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

202011/2

野焼きは必ず届け出を!。林野火災多発中。

今月に入り野焼きによる火災が多発しており、壱岐消防署は事前に届け出るなど注意を呼び掛けている。

今月は26日までに、いずれも林野火災が7件発生し、昨年1年間に起きた林野火災8件に迫っている。出火原因は火の不始末や強い風に煽られて燃え広がったケースが多く、消火を確認せずその場を離れていたケースもあった。いずれもけが人はなかった。

特に雨の日の前は、伐採して乾かしていた草木が濡れてしまうのを避けるため、少々風が吹いていても燃やしてしまう人もみられるという。

1日に郷ノ浦町で発生した火災では、側溝に溜まった落ち葉を道路脇の複数個所で焼き、灰を竹林の入り口に捨てたところ、残り火が燃え移り225平方㍍を焼いた。6月には林野火災から廃屋に燃え移ったケースもあり、野焼きから建物への延焼も危惧されている。

また、野焼きをする場合は、市火災予防条例(第45条)で「火災とまぎらわしい煙又は火災を発するおそれのある行為」をしようとする人は、あらかじめその旨を消防長に届け出なければならないと定められているが、今月発生の7件はいずれも無届けだった。利水組合など団体の場合は届け出があるが、個人で野焼きをする場合に無届けが多いのが現状という。届け出は電話で壱岐消防署(☎45‐3037)に日時、責任者名、場所などを伝える。野焼きの際は必ず届け出るほか、消火の準備をするよう呼び掛けている。

今年の火災発生件数は26日現在、建物3件、林野8件、その他6件の17件。7~9月は無火災だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る