友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20203/13

新聞配達で病人を発見。吉川、綿井さんに感謝状。

壱岐署(横山信也署長)は2月28日、人命救助功労者へ署長感謝状の贈呈を行った。受賞したのは郷ノ浦町東触の自営業、吉川義久さん(59)と、同町田中触の会社経営、綿井信久さん(71)。

吉川さんは今年1月15日午前10時30分ごろ、新聞配達で訪れた郷ノ浦町の高齢者宅の郵便受けに新聞がたまっている上、エアコンの室外機が作動していることを不審に思い、民生委員など地域安全活動をしている綿井さんに相談。2人は家人が病気で倒れているのではないかと考え、警察に通報した。

駆け付けた警察官が体調を崩して動けなくなっている家人(70代、男性)を発見し、病院に搬送した。男性は入院したが、命に別状はなかった。

吉川さんは「34年間も新聞配達の仕事をしているので、単に新聞がたまっていただけでなく、テレビの音や電気がついていることなどで、おかしいとピンときた。異常を感知するのは新聞配達員として当然の仕事だと思っている。助かって本当に良かった」と安堵した。

綿井さんは「一人暮らしの高齢者宅が増えているので、このようなケースは増えていくのではないだろうか。希薄になりつつある地域のつながりが、より大事になってくる」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/24

海軍省作成の図録見つかる 「わがいくさぶね」 牧山耕蔵氏贈る 軍縮に不満示す史料か

勝本町勝本浦の殿川酒店(元殿川酒造)に、同町出身の衆院議員、牧山耕蔵氏(1882‐1961年)が寄贈したと見られる旧海軍省が海軍記念日用に作…

20221/24

複業アドバイザー5人が就任 DX、ワーケーション等に助言

市は11日、連携協定を結ぶIT企業のアナザーワークス社が展開する複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」に応募のあった実証実験アドバイ…

20221/24

九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん

第5回全九州高等学校総合文化祭書道部門(揮毫大会)が12月11日、長崎市の県立総合体育館であり、壱岐高校書道部部長の2年、山内樹人さんが出場…

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

ページ上部へ戻る