友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20197/12

山口紗奈さんが最優秀賞。第69回中学生弁論大会

第69回社会を明るくする運動・中学生弁論大会(壱岐地区保護司会主催)が5日、壱岐の島ホール大ホールで開かれ、市内4中学校から各2人、計8人が「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」をテーマに5分間の弁論を行った。

最優秀賞に輝いたのは「見えないからこそ」の演題で弁論した芦辺3年の山口紗奈さん。山口さんはインターネットで音楽グループの掲示板を見た時に、ファンとアンチが口汚い言葉で罵り合い、その口論が次第にエスカレートし、1対1だったものが多数に発展していった様子を見て「どうして知らない相手にこんなひどい言い方をするのだろう」と不愉快になった。

そのことを通じて、SNSでのいじめが自殺者を出すなど大きな社会問題になっていること、インターネットを通した人とのつながりでは相手を気遣う思考が軽視されていることを感じ「相手の顔が見えないからこそ、相手の心を見ようとしなければならない」と提言した。

山口さんは「会場に来てくれた生徒たちにに思いが届いたら嬉しいな、という気持ちで弁論した。最優秀賞は意識していなかったが、県大会(8月1日・佐世保市)で再び発表する機会が得られたことが嬉しい」と話した。インターネット掲示板やSNSは中学に入ってから見るようになったが「トラブルが怖いので自分では書き込みなどはしていない。言い争いになっていても、止めたら反論されるので止めることもできない。相手のことが見えていないから、ひどいことを言えるのだと思う」とネット社会の問題点を指摘した。

講評した鯨伏小校長の赤木健二審査委員長は「内容を目の前にいる人に伝えようとする表現力に圧倒された」と弁論を評した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る