友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20195/10

ゴルフ場恒例の一般開放。令和初日の出は観られず。

異例の10連休となった今年のゴールデンウィークは、前半は天気がぐずつき、4月30日の平成最後の夕陽、5月1日の令和の初日の出観望は雲に覆われて観ることができなかった。「令和初日の出は全国的に曇りだが、九州北部では観られる可能性がある」との天気予報もあり、1日は日の出時間の午前5時半頃に、郷ノ浦大橋、岳の辻展望台、左京鼻などに数人の観望客が日の出を待ったが、太陽の姿は現れなかった。

4月30日で閉店したマルエー生活館は29日から7割引セールとなり、多くの買い物客が訪れた。最終日の30日は、店内の商品がほとんどなくなっていた。GW後半は一転して好天続きとなり、気温も上昇。5日には石田町の壱岐空港測候所で最高気温26・9℃を記録した。

こどもの日の5日は恒例となった壱岐カントリー倶楽部の一般開放が行われ、家族連れが芝生の上にシートを敷いてくつろいだり、カートでコース内を走るなど、広大な緑の中で1日を楽しんだ。1番ホールの急斜面では芝ソリ遊び、ステージでは壱岐高校吹奏楽部、壱岐商業高校壱州荒海太鼓部の演奏などが行われた。3番ホールのグリーン手前にはワイヤーで60尾の鯉のぼりが掲げられた。5日夜はイオン壱岐店横芝生広場で「しまの映画館」が「ボス・ベイビー」を上映。親子連れら約150人が屋外で映画鑑賞を楽しんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る