友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20187/6

モデル空き家整備で移住促進。市生涯活躍のまち推進協議会

元気な高齢者の移住(CCRC)を促進する壱岐市生涯活躍のまち推進協議会(会長・白川博一市長)の本年度総会と幹事会が6月26日に開かれた。総会は平成29年度事業報告案、30年度事業計画案を可決。幹事会は取組状況報告案、モデル空き家の整備見込みに伴う対応案を承認した。29年度事業で取り組みの方向性を「移住促進」「居住環境の整備」「シニア活躍の推進」「オール壱岐の推進」の4方向に分け、それぞれ市民参加のワーキンググループが実施計画などを話し合ってきた。30年度はその市民から拾い上げた事業の有効性を高めるための磨き上げを行っていく。

「移住促進」はSNSを活用した情報発信、移住体験(島インターン)など、「居住環境整備」は芦辺浦と郷ノ浦でモデル空き家の整備、「シニア活躍の推進」はシニアに対する調査、シニア活用啓発セミナーなど、「オール壱岐の推進」は骨粗しょう症セミナー、エンディングファイル制作などに、遅くても今秋までに着手する。モデル空き家は、芦辺浦は芦辺地区の地域団体「たちまち」が実施主体で10月末にオープン。郷ノ浦は割石工務店、ごぉんだ会が年内整備予定と、民間が中心に事業を行う計画になっている。

白川会長は「シニア移住は1つの集落に住んでもらうサービス付き高齢者向け住宅整備が一般的だが、壱岐の住居形態を考えると、島内の空き家を活用することが、壱岐ならではのCCRCになると思う。ワーキンググループからは様々な意見が上がっているが、何を優先するべきなのか意思統一ができていない印象だ。エンディングノートや骨粗しょう症対策があるから移住するという人はいない。移住する人の安心感は、いまの医師会などの取り組みを情報発信することで得られる。有人国境離島法との横の連携も表に出して、来年3月までに結果を出す気構えで臨んでもらいたい」と注文を出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202110/25

今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第1号 昨季は市内ゼロ

新型コロナ禍にインフルエンザの脅威も加わってきた。壱岐保健所は11日、第40週(4~10日)の感染症速報を発表。この期間に県内で今シーズン初…

202110/25

名所巡るトレッキング 箱崎まち協がコース作成

箱崎まちづくり協議会(浦川隆会長)は、観光客の増加や健康増進を目的に、同地区を巡るトレッキングコースを作成。来年4月のオープンを前に17日、…

202110/25

「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業

Vファーレン長崎は11日、ホームタウン活動の一環で田河小学校で特別授業「V‐DREAM」を開き、普及インストラクターで元Vファーレン選手の前…

202110/18

壱岐高が優秀賞受賞 全国高校生歴史ファーラム

歴史論文の全国大会である第15回全国高校生歴史フォーラム(奈良大学、奈良県主催)の研究レポートの審査結果が8日に発表され、壱岐高校東アジア歴…

ページ上部へ戻る