地域情報

特養ホーム「壱岐のこころ」、上棟式で餅まき。

現施設の老朽化に伴い来年度に移設・新築で開所する特別養護老人ホーム・短期入所生活介護・デイサービスセンター「壱岐のこころ」(社会福祉法人壱心会運営)の上棟式が20日、勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地で行われた。

上棟式の神事、壱岐島荘で開かれた直会(なおらい)に続き、新築工事現場では関係者、地元住民、こころ医療福祉専門学校生徒、鯨伏幼稚園児童ら約200人を集めて餅まきを行った。建設中の建物の最上部から餅をまいた同会・岩永城児理事長は「昨年9月に着工した施設新築工事も、無事に上棟式を迎えられることができた。快く工事に協力していただいた地元の皆様のおかげです」と感謝の気持ちを述べた。

11月に竣工予定の新施設は、木造2階建てで建築面積2600平方㍍、延床面積5094平方㍍、敷地面積3500平方㍍。1階西棟に多床室40床(4人部屋×10室)など、同東棟にショートステイ20床(4人部屋×4室、個室4室)、デイサービスなど、2階に新型特養ユニット型個室60床(6ユニット)を設け、入所定員100人、短期入所は利用定員20人、通所30人を予定している。

関連記事

  1. 郵便局員に感謝状 詐欺を未然に防止
  2. イオングループが壱岐市で婚活支援 「ミライカレッジ壱岐」
  3. まちづくり協議会設置へ。市は各校区で説明会実施。地域課題は地域で…
  4. 「30歳の成人式in壱岐の島」 壱岐の現状をディスカッション
  5. ICTを活用して見守り。いきいきあんしんネットワーク
  6. 屋外映画館開館を目指して クラウド・ファンディングを15日まで募…
  7. スポーツ生中継も視野 ケーブルテレビ審議会
  8. 牡蠣三昧の1日。黄金岩がき祭り

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP