友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201710/20

去勢・避妊手術助成復活を。

市議会定例会9月会議の決算特別委員会で、赤木貴尚議員が、市の野犬捕獲業務委託費について「毎年456万円の決算だが、相変わらず野犬が多い。成果が出ているのか」などと質問した。
市環境衛生課長は捕獲頭数について、平成26~28年に98、158、150頭を捕獲し、死がいの引き取りも同26、139、119頭だった数字を報告した上で「イヌもなかなか賢くなり、捕獲機に入らない。睡眠薬入りの餌も食べてくれない」などと説明した。この島の中で、毎年膨大な野犬が捕獲、死がい引き取りされていることは、悲しい気持ちになる。
この数字にはさらに暗闇がある。捕獲された野犬は、市が捕獲したものも含めて処分はすべて壱岐保健所で行われているが、同所の26~28年の処分頭数は93、76、69頭と市の捕獲頭数よりもはるかに少ない実績だ。これは保健所が行う「処分」は狂犬病予防法に基づいたものであるため「生後90日以上」としているためだ。
壱岐保健所でも市とは別に年間数十頭の成犬の捕獲業務を行っているため、市の示した捕獲頭数の相当部分が「生後90日未満」の幼犬なのではないかということも、このデータから想像できる。
その幼犬が「野犬」なのか「飼えなくなった引き取り犬」なのかは区別されていないが、肝心の親の野犬が減ってくれなければ、子どもや観光客の不安は消えないし、幼犬の捕獲をこれだけ行っていることは、動物愛護管理法が守られていない自治体という不名誉なレッテルが貼られることになる。
親犬が捕まらないのなら、まずは飼犬の去勢、避妊手術を進めていくべきだ。本市も平成25年度までは去勢手術7千円、避妊手術1万5千円の助成を行っていたが、「利用が少ない」などの理由で廃止になった。
制度を復活、利用拡大のためには、助成金のPRをするのはもちろんのこと、助成を全額負担にまで広げることも必要ではないか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る