友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20169/13

元五輪選手らがクリニック ミニバスケット選手84人参加

JX‐ENEOSサンフラワーズのOGがコーチを務めるバスケットクリニックが8月28日、石田小学校体育館で行われ、市ミニバスケット連盟に所属する小学生84人が指導を受けた。
同チームは全日本選手権優勝20回、女子トップリーグのWJBL8年連続優勝を誇る名門で、現役を引退した専任コーチが1995年から年間40か所以上の小学生を対象にした1dayクリニックや、中学生対象のバスケットボール教室など、競技の普及・振興と技術指導のため全国を飛び回っている。本市での開催は初めて。
来島したのはアトランタ、アテネ五輪代表で、アテネ五輪ではキャプテンを務めた大山妙子コーチ、身長192㌢の山田久美子コーチら6人。練習ではストレッチなどのウォーミングアップ方法から、ボールハンドリング、2人組コンビネーションドリル、チェスト・バウンドなどのパス回し、ドリブルからのストップシュートなど、2時間にわたって熱心な指導が行われた。
子どもたちは元日本代表選手らの鮮やかなプレーを目の当たりにし、目を輝かしながら練習に取り組んだ。牧山佳祐さん(柳田6年)は「パワーポジションでのコツを勉強した」、柳川帆乃歌さん(盈科6年)は「教わった山投げシュートを練習に取り入れていきたい」と自身の課題解消のヒントをつかんだ様子だった。
大山コーチは「壱岐でミニバスケットボールをやっている子どものほとんどが参加し、とても元気よく取り組んでくれたのが嬉しかった。みんなキャリアが浅いし、離島というハンデもあるので都市部に比べると技術面のレベルはまだ低いが、私たちが来ることで刺激が与えられたら、と思っている」とクリニックの意義を話した。
連盟の赤木貴尚会長は「壱岐市のチームは県大会でまだ1勝も挙げられていないが、この経験を活かして、秋季大会ではぜひ1勝したい」と成果に期待した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202110/25

今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第1号 昨季は市内ゼロ

新型コロナ禍にインフルエンザの脅威も加わってきた。壱岐保健所は11日、第40週(4~10日)の感染症速報を発表。この期間に県内で今シーズン初…

202110/25

名所巡るトレッキング 箱崎まち協がコース作成

箱崎まちづくり協議会(浦川隆会長)は、観光客の増加や健康増進を目的に、同地区を巡るトレッキングコースを作成。来年4月のオープンを前に17日、…

202110/25

「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業

Vファーレン長崎は11日、ホームタウン活動の一環で田河小学校で特別授業「V‐DREAM」を開き、普及インストラクターで元Vファーレン選手の前…

202110/18

壱岐高が優秀賞受賞 全国高校生歴史ファーラム

歴史論文の全国大会である第15回全国高校生歴史フォーラム(奈良大学、奈良県主催)の研究レポートの審査結果が8日に発表され、壱岐高校東アジア歴…

ページ上部へ戻る