地域情報

ホタルの乱舞が始まった 清水橋では早くも数百匹

壱岐市の5月の名物となっているゲンジボタルの乱舞が、市内各地で始まっている。
郷ノ浦町平人触の清水橋周辺では午後7時半を過ぎると、早くもピークを思わせる数百匹のホタルが川沿いを飛び交い、黄緑の光が川面にきらめく幻想的な光景を作り出している。
壱岐高校理科室も、恒例のホタルマップ作成を13日からスタートさせた。12日の第1回調査では、勝本町立石仲触の前田橋付近でBランク(20~49匹)になるなど、市内12か所ですでにホタルが観察されている。ホタルマップは毎週水曜日に発行し、壱岐高受付で希望者に配布している。
ホタルは大変に繊細な生物で、鑑賞にはマナー遵守が求められている。強い光を嫌う(失明の恐れがある)ため、自動車は鑑賞場所から離れたところに駐車し、ヘッドライトは消灯。エンジンも切る。懐中電灯やカメラのフラッシュは厳禁。フラッシュを使用したスマホ、コンパクトデジカメなどでの写真撮影は不可能。
大きな声はホタルを驚かせ、近隣住民に迷惑になる。川の汚染は生息環境を破壊するのでゴミは必ず持ち帰る。草むらに入らない。ホタルを捕まえない、などのマナーを守り、反射材を身に付けて車に注意して鑑賞してもらいたい。

 

関連記事

  1. 今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。
  2. 平均11万3千円の大幅下落 飼料高騰、肥料減産など影響 6月子牛…
  3. アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。
  4. モデル空き家整備で移住促進。市生涯活躍のまち推進協議会
  5. 販売実績初の60憶円突破 JA壱岐市総代会
  6. 愛知など12チーム参加 一支国ソフトバレー
  7. 10周年記念収穫祭に250人 柳田地域連携プロジェクト
  8. 仮装で商店訪問 ハロウィン祭

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP