友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/19

社説 子どもにも日焼け対策は必要不可欠

壱岐島も連日の猛暑が続いている。昨夏は雨天続きで観光に大きな打撃を受けただけに、今夏の好天続きはありがたいが、クーラーのない我が家の室温は37~38℃まで上昇している。8日には東京都で高齢の3姉妹が室内で死亡しているのが発見された。熱中症とみられており、室内での温度管理にも気を付けなければならないことを痛感させられた。
だがやはり炎天下の方がよりリスクは高い。夏休みにクラブ活動などで屋外スポーツを行っている子どもたちも多い。指導者も水分補給や休憩など熱中症対策は行っているはずで、その点では心配していないが、日焼け対策はまだ十分に行われていないように見える。
学校生活における紫外線対策について、日本臨床皮膚科医会は「紫外線対策は美容目的だけではありません。不必要に過剰な紫外線に曝露されることにより、健康にさまざまな悪影響が生じます。子どもの時から適切な紫外線対策を行うことは、生涯にわたり健やかな肌を保つために大切な生活習慣の一つです」との統一見解を示し、その対策として「サンスクリーン剤を上手に使う」ことを推奨している。自宅で塗っただけでは運動中に汗で流れてしまうので、2~3時間ごとにたっぷりと均一に重ね塗りすることも薦めている。
今時、日焼け止めクリームを「化粧」や「おしゃれ」と混同して、持ち込みを禁止しているような学校はないとは思うが、「子どもは真っ黒に日焼けして元気に走り回っているのが健康的」と考えている指導者や保護者はいるのかもしれない。子どもたちに積極的に日焼け止めを使用させようとしている人は、まだ少ないように思える。
同学会では、学校生活で用いるのに適したサンスクリーン剤として、①「SPF15以上」「PA++~+++」②「無香料」「無着色」の表示があるもの③プールでは「耐水性」または「ウォータープルーフ」表示のもの、を薦めている。子どもたちの日焼け対策にも、ぜひ気を配ってもらいたい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る