友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/13

燃油サーチャージ無料・記者の目

観光シーズンの8月に燃油サーチャージ加算がなくなることは、壱岐観光にとって大きな武器となる。だが、いまのところ、観光業界に具体的な動きが見えていない。
5月から1ゾーンとなったことで、博多からのジェットフォイル往復は往復1700円も安くなっているのに、それを売り込むような情報は市や観光連盟ホームページに一切掲載されていない。
現在、市観光連盟ホームページに掲載されているツアー「いきいきフリープラン」は、4月1日から10月31日までの旅行期間のため、5月からの航路料金も、8月からの料金も、まったく反映されていない価格で募集されている。利用者にとってチャージ値下げの恩恵がまったく受けられていない。
6月6日には福岡ヤフオクドームでAKB総選挙が開催され、福岡市内、近郊のホテルは、カプセルも含めて満室となった。6日の総選挙と7日の後夜祭の2日間を鑑賞したいファンは、宿探しに苦心していた。そんな時に、6日の深夜フェリーで壱岐に来てもらい、半日間を過ごして、再び7日に福岡へ向かうプランを提供していたら、ファンも助かったのではないだろうか。福岡市内での宿泊料金を考えれば、フェリーでの壱岐往復は決して無謀な計画ではない。情報提供と仮眠所などの受け入れ態勢が整っていれば、来島客を呼び込むチャンスでもあったはずだ。
燃油サーチャージが低廉化されても、何もしなければ何も起こらない。いかに情報発信をしていくかが、壱岐市の今後の観光を左右することになる。
(高瀬 正俊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

20221/17

「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た

市成人式が9日、壱岐の島ホールであり、新成人の対象者261人のうち230人が出席。成人としての誓いを新たにした。 式では白川博一市長が…

20221/17

地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター

県埋蔵文化財センターはこのほど、本年度発掘調査現地説明会を原の辻遺跡北側の閨繰(みやくり)地区近くの調査現場で開いた。 市民約30人が…

20221/3

壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(71)と盈科小学校交通少年団のメンバーらが24日、壱岐警察署に手作りの門松1対を寄贈。玄関前に飾った。 …

ページ上部へ戻る