友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

兵庫県朝来市と調印 パートナーシップ宣言

パートナーシップ(調印を締結した両市長)

壱岐市と兵庫県朝来(あさご)市の「歴史・教育・経済パートナーシップ宣言」調印式が2月28日に文化ホールで行われ、白川博一市長と朝来市・多次勝昭市長が宣言書にサインを交わした。
両市のつながりは、1738年(元文3年)に朝来市(旧和田山町)で起こった元文一揆のため壱岐へ流刑となった小山弥兵衛を、孫娘の心諒尼が壱岐までひとり旅をして訪ねたことから始まる。1958年に壱岐の郷土史研究家・堀川誠太郎さんが弥兵衛の墓を芦辺町で発見。堀川さんが弥兵衛の子孫を探し当て、61年に末裔の小山禎之助さんら一行が墓参に壱岐を訪れた。その後も心諒尼の旅を題材にしたミュージカル「心を繋ぐ子守唄」の上演などを通じて盛んな交流が行われ、芦辺町産業まつり、但馬食文化まつりにお互いのブースを出店するなど、親交を深めている。
3月1日に壱岐市が市制施行10周年を迎えることから、両市の交流をより深め、地域間協同による経済の振興、活性化を図るためパートナーシップ宣言を行うことで合意した。
白川市長は朝来市について「“天空の城”竹田城址や生野銀山などの財産があり、山陰の交通拠点として工業団地を有して、人口が増え続けている。住民の人情味あふれる人間性も素晴らしい。海のない市なので、海に囲まれている壱岐市とお互いの魅力を感じ合っていける」と称えた。
多次市長は壱岐市について「人柄が熱く、温情に満ちている。いろいろな交流の中で、私たちは壱岐市のような熱い思いで接しているだろうか、といつも考えている。小中学校の修学旅行でも児童たちは感激して帰ってきた。歴史に彩られた素晴らしい風土に惚れ込んでいます」とエールを交換した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202110/25

今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第1号 昨季は市内ゼロ

新型コロナ禍にインフルエンザの脅威も加わってきた。壱岐保健所は11日、第40週(4~10日)の感染症速報を発表。この期間に県内で今シーズン初…

202110/25

名所巡るトレッキング 箱崎まち協がコース作成

箱崎まちづくり協議会(浦川隆会長)は、観光客の増加や健康増進を目的に、同地区を巡るトレッキングコースを作成。来年4月のオープンを前に17日、…

202110/25

「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業

Vファーレン長崎は11日、ホームタウン活動の一環で田河小学校で特別授業「V‐DREAM」を開き、普及インストラクターで元Vファーレン選手の前…

202110/18

壱岐高が優秀賞受賞 全国高校生歴史ファーラム

歴史論文の全国大会である第15回全国高校生歴史フォーラム(奈良大学、奈良県主催)の研究レポートの審査結果が8日に発表され、壱岐高校東アジア歴…

ページ上部へ戻る