友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20152/6

両部門とも郷ノ浦が圧勝 第57回壱岐一周駅伝

駅伝(余裕の表情でゴールする郷ノ浦のアンカー・川下)第57回壱岐一周駅伝大会(壱岐体育協会主催)が1日、郷ノ浦町・壱岐文化ホール発着の13区間50・7㌔の特設コースで開催され、青年の部(25歳以下6人などで編成)、一般の部(26歳以上6人などで編成)に各町から1チーム、計8チームが出場。両部門とも郷ノ浦が圧倒的な強さを見せて優勝した。
一般の部は1区(3・4㌔)で後藤健志が先頭に立つと、全13区間中11区間で1位、残り2区間も2位という抜群の安定味。2位勝本に15分以上の大差をつけ、一昨年に同チームがマークした大会記録に26秒差まで迫る2時間51分57秒で優勝した。12区(中学女子、2・7㌔)では末永結愛(ゆうあ、郷ノ浦1年)が9分40秒で、昨年大久保舞香(芦辺)がマークした記録を4秒更新する区間新を樹立した。
アンカーを務めた川下和明(35=JA壱岐市)は「個人的には、(5㌔で)何とか16分を切ったというタイムは不満がある。年齢的な衰えがあるかもしれない。だがチームは確実に実力が上がっている。中学生のレベルが高いので、一般がそれに負けないように頑張れば、県下一周駅伝(13~15日)でも最下位脱出につなげられる」と壱岐チームの大黒柱らしく、県大会での健闘を誓った。
青年の部も13区間中11区間で郷ノ浦がトップを奪った。郷ノ浦の一般チームには約14分及ばなかったものの、3時間03分56秒は全体2位で、青年の部2位の石田には14分差をつけた。アンカーの新原祐太(19=壱岐市役所)は「昨春、市役所に就職して、やはり仕事は忙しく高校時代と練習環境も違うし、同級生のライバルがいるわけではない。戸惑っている部分もあるが、県下一周は壱岐を代表して走るので、その看板に恥じないように頑張りたい」と話した。
▼一般の部 ①郷ノ浦2時間51分57秒(後藤健志、金丸智彦、長田康平、崎長雅史、柴田正彦、竹藤智弘、村部茂、松山晃子、末永竜也、甲原海人、益川洋武、末永結愛、川下和明)②勝本3時間07分07秒③石田3時間11分46秒④芦辺3時間15分35秒
▼青年の部 ①郷ノ浦3時間03分56秒(福田健太、桂木浩希、引地太志、平間千広、松本隆之、山内基大、寺尾佑輔、横山理子、坂口恵一朗、平畑良季、住田亮佳、西本侑弥、新原祐太)②石田3時間17分34秒③芦辺3時間21分16秒④勝本3時間23分56秒

駅伝(青年の部1位でゴールする郷ノ浦・新原)

駅伝(郷ノ浦チームに優勝旗が贈られる)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202110/25

今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第1号 昨季は市内ゼロ

新型コロナ禍にインフルエンザの脅威も加わってきた。壱岐保健所は11日、第40週(4~10日)の感染症速報を発表。この期間に県内で今シーズン初…

202110/25

名所巡るトレッキング 箱崎まち協がコース作成

箱崎まちづくり協議会(浦川隆会長)は、観光客の増加や健康増進を目的に、同地区を巡るトレッキングコースを作成。来年4月のオープンを前に17日、…

202110/25

「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業

Vファーレン長崎は11日、ホームタウン活動の一環で田河小学校で特別授業「V‐DREAM」を開き、普及インストラクターで元Vファーレン選手の前…

202110/18

壱岐高が優秀賞受賞 全国高校生歴史ファーラム

歴史論文の全国大会である第15回全国高校生歴史フォーラム(奈良大学、奈良県主催)の研究レポートの審査結果が8日に発表され、壱岐高校東アジア歴…

ページ上部へ戻る