友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

真邊慰霊碑を参拝 芦辺小全校児童

真邊碑参り(真邊慰霊碑を参拝した芦辺小の児童)芦辺小学校(原洋校長、54人)の全校児童は11日、大正6年(1917年)におぼれた児童を助けて亡くなった同校の教員、真邊貞雄さん(享年30)の殉職慰霊碑を参り、海難事故防止を誓った。
真邊さんは同年7月10日、校長と教員2人とともに、4年生以上の3学級120人の児童を連れて、清石浜で水泳の授業を行っていた。当日は快晴微風の海水浴日和だったが、児童2人が引き波にさらわれておぼれた。真邊教諭は児童2人を必死に助けたが、その瞬間に力尽きて海中に姿を消したという当時の状況が、同校の資料に残っている。
慰霊碑は7回忌の1923年に同浜を見下ろす高台に建立され、毎年7月10日に同校の児童が参拝を続けている。今年は92回目で、10日は台風の影響で臨時休校となったため、11日に実施された。
石橋駿さん(6年)が「これからも海の事故が起こらないように見守ってください」と碑に話し掛けて献花を行い、生徒代表の松本一希さん(6年)が「海へは必ず家族と一緒に行き、深いところには行きません。おぼれている人を見つけたら大きな声を出して、大人の人を呼びます」と碑の前で水の事故防止を誓った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/24

海軍省作成の図録見つかる 「わがいくさぶね」 牧山耕蔵氏贈る 軍縮に不満示す史料か

勝本町勝本浦の殿川酒店(元殿川酒造)に、同町出身の衆院議員、牧山耕蔵氏(1882‐1961年)が寄贈したと見られる旧海軍省が海軍記念日用に作…

20221/24

複業アドバイザー5人が就任 DX、ワーケーション等に助言

市は11日、連携協定を結ぶIT企業のアナザーワークス社が展開する複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」に応募のあった実証実験アドバイ…

20221/24

九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん

第5回全九州高等学校総合文化祭書道部門(揮毫大会)が12月11日、長崎市の県立総合体育館であり、壱岐高校書道部部長の2年、山内樹人さんが出場…

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

ページ上部へ戻る