© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有人国境離島法による市雇用拡充事業を活用し、水産加工場を50席のレストランに改修した。

同日行われた開店記念式典で永村代表は「朝食レストランを開くのは長年の夢だった。35年間、漁業者をしてきたが、壱岐の沿岸漁業の衰退は深刻な状況に陥っている。いろいろな理由はあると思うが、水産物の消費者離れも一因だと思っている。それを解消するためには、壱岐の魚介類を食べてもらうことが必要。壱岐には朝食を食べられる店がないので、市場と連携して新鮮な魚介類を提供することで、壱岐の漁業に貢献したい」と話した。

式典に出席した白川博一市長は「滞在型観光のコンテンツとして『朝食』が重要であることは、これまでの各種会議でもテーマになっていた。ようやく壱岐ならではの朝食レストランがオープンしてくれた。旅館と連携して観光客と水産業を結びつけるだけでなく、地元の人にも利用してもらうことが大事だ。有人国境離島法の設立に尽力した谷川弥一衆院議員に、胸を張って報告できる」と開店を喜んだ。

営業時間は午前6時から午後2時。3月末まではキャンペーン期間で、バイキング形式は700円で、その日揚がった魚のフライ、煮漬け、空揚げ、天ぷら、サラダなど約10種類が食べ放題となる。別注文の刺身は1皿300円、海鮮丼セットは1500円から来客者の希望に応じて提供する。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

ページ上部へ戻る