© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有人国境離島法による市雇用拡充事業を活用し、水産加工場を50席のレストランに改修した。

同日行われた開店記念式典で永村代表は「朝食レストランを開くのは長年の夢だった。35年間、漁業者をしてきたが、壱岐の沿岸漁業の衰退は深刻な状況に陥っている。いろいろな理由はあると思うが、水産物の消費者離れも一因だと思っている。それを解消するためには、壱岐の魚介類を食べてもらうことが必要。壱岐には朝食を食べられる店がないので、市場と連携して新鮮な魚介類を提供することで、壱岐の漁業に貢献したい」と話した。

式典に出席した白川博一市長は「滞在型観光のコンテンツとして『朝食』が重要であることは、これまでの各種会議でもテーマになっていた。ようやく壱岐ならではの朝食レストランがオープンしてくれた。旅館と連携して観光客と水産業を結びつけるだけでなく、地元の人にも利用してもらうことが大事だ。有人国境離島法の設立に尽力した谷川弥一衆院議員に、胸を張って報告できる」と開店を喜んだ。

営業時間は午前6時から午後2時。3月末まではキャンペーン期間で、バイキング形式は700円で、その日揚がった魚のフライ、煮漬け、空揚げ、天ぷら、サラダなど約10種類が食べ放題となる。別注文の刺身は1皿300円、海鮮丼セットは1500円から来客者の希望に応じて提供する。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る