© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201811/16

交通マナーの徹底を。

先日、交通安全協会の優良運転者表彰を取材した際、2人の受賞者が口を揃えて指摘していたことが「壱岐のドライバーはマナーが悪い」というものだった。さすがに大阪の「280㌔暴走」や「あおり運転」のような無茶をするドライバーはいないし、速度面ではじつに安全運転が徹底されていて、観光客以外はほとんど法定速度内で運転しているのではないかと思えるほど慎重なのだが、ウインカー、ライト、駐車、整備の4点に関しては、島外から来た人にとっては驚くような運転が横行している。

ウインカーを点灯せずに曲がるドライバーはじつに多い。点灯する場合でも、すでに交差点に差し掛かってから点灯するケースも目立つ。点灯していないあるドライバーに理由を聞いたら「点けなくても曲がれるから」と答えられて驚いたことがある。同様なことはライトにも言える。日没後やトンネル内で点灯させないドライバーが多い。「点けなくても見えるから」なのだろうか。駐停車についても「ハザードを点滅させる」「道路の端から75㌢空けて駐停車する」「交差点の側端や道路の曲がり角から5㍍以内は駐車禁止」などが道路交通法で決められており、免許取得時に自動車教習所で習っているはずだが、守られていないケースが多い。整備不良でライト、ストップランプが点いていない車も多く見かける。

市内は交通量が少なく、歩行者も少ないため、交通事故の発生率は確かに低い。ずっと島内で運転をしてきたドライバーは「事故を起こしていないのだからいいではないか」と考えているのかもしれないが、そんな油断が被害者はもちろん加害者も一生を棒に振ってしまう可能性があるのが交通事故である。JAフェスタ会場で壱岐警察署が、犯罪被害者手記・パネル展を開いた。交通事故被害者遺族の手記もあり、来場者の涙を誘っていた。悲劇が繰り返されないためにも、もう一度、交通マナーを見直してもらいたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/14

「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。

壱岐署はこのほど、郷ノ浦町の壱岐保育園(眞鍋久美子園長)で防犯教室を開き、41人の園児が参加した。 生活安全課・小鉢賢佑係長ら3人が同…

201812/14

協働と情報公開はセット。

6日に成立した改正水道法で水道事業運営の民間委託が促進されることになった。その賛否についてテレビのニュース、ワイドショーで取り沙汰されている…

201812/14

久間総務部長が潔白を答弁。退職願、長期休暇を説明。市議会一般質問

市議会定例会12月会議は10日、一般質問初日が行われ、赤木貴尚議員は10月から市民を騒がせていた不正入札疑惑に関して「長崎県警が市職員を事情…

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

201812/7

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に…

ページ上部へ戻る