© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201811/2

現役五輪選手が指導。高瀬慧さんが陸上教室。

壱岐アスリートクラブ(黒木泰幸代表)は10月27日、イオン横芝生広場で、子どもたちを対象に無料陸上教室「壱岐にオリンピアンがやってきた!」を開催。講師として現役オリンピック選手の高瀬慧さん(29=富士通)と、諫早市出身の陸上十種競技選手・林田章紀さん(30=Team Accel)を招いた。

高瀬さんは2012年ロンドン五輪二百㍍準決勝進出、4×四百㍍リレー出場、15年世界選手権二百㍍準決勝進出、16年リオデジャネイロ五輪でも二百㍍に出場するなど、陸上短距離界のトップアスリートとして輝かしい実績を残し、自己ベストは百㍍10秒09。二百㍍20秒14は日本歴代4位の記録を保持している。林田さんは長崎南高校から順天堂大学に進学し、17年に全日本マスターズ十種競技で優勝。指導者として多くのアスリートを輩出している。

教室には小学4年から中学までの約150人が参加。現役五輪選手の高瀬さんらが「速い選手はスキップも速い。正しい姿勢を保ったまま、速いスキップをすることが良い練習になる」「ストライドを伸ばす意識よりも、体の軸を固定することが大切」など走り方の基本について指導。高瀬さんらと一緒に芝生の上でダッシュの練習などを行った。高瀬さんは「姿勢が良ければ減速しにくくなり、トップスピードを維持できる。これまでいろいろな場所で指導を行っているが、壱岐の子どもたちが一番素直に聞いてくれた。壱岐は子どもたちの陸上の成績がどんどん伸びていると聞いたが、この素直な気持ちが成績に結びついていると感じた。これから壁にぶち当たることもあると思うが、走ることを楽しいと感じ続けていくことが、壁を突破する秘訣。私自身も中学、高校では県大会で予選落ちが続いたことがある。常に目標を掲げてコツコツと努力し、あきらめずに楽しむことを心掛けて欲しい」と子どもたちに伝えた。

2年連続でジュニアオリンピックに出場した長岡幸奈さん(郷ノ浦中2年)は「練習の時は姿勢を気にしていたが、高瀬先生から普段の生活でも姿勢を意識するように教えられた。今後に活かしたい」と話した。教室後は高瀬さんらのサインを求める子どもたちの行列ができ、高瀬さんは1人1人に丁寧にサインをして、子どもたちのモチベーションを高めた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20195/17

盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。

少年軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県予選が3~5日、大村市野球場などで行われ、壱岐市代表として出場した…

20195/17

5G時代見越した政策を。

4月22日に東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で起こったNTT東日本の海底ケーブル断線事故は、全国ニュースで大きく報じられることはな…

20195/17

女子バスケットのトップチーム「三菱電機コアラーズ」が壱岐合宿。

バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)で2018~19シーズンの準優勝チーム「三菱電機コアラーズ」の選手10人、スタッフ8人が12日から…

20195/10

ゴルフ場恒例の一般開放。令和初日の出は観られず。

異例の10連休となった今年のゴールデンウィークは、前半は天気がぐずつき、4月30日の平成最後の夕陽、5月1日の令和の初日の出観望は雲に覆われ…

20195/10

令和の目標はSDGs。

令和の新時代を迎えた。様々な問題を抱える日本の今後にとって、新時代の幕開けは打開のきっかけづくりになる。 北海道夕張市が財政破綻し、財…

ページ上部へ戻る