© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201811/2

現役五輪選手が指導。高瀬慧さんが陸上教室。

壱岐アスリートクラブ(黒木泰幸代表)は10月27日、イオン横芝生広場で、子どもたちを対象に無料陸上教室「壱岐にオリンピアンがやってきた!」を開催。講師として現役オリンピック選手の高瀬慧さん(29=富士通)と、諫早市出身の陸上十種競技選手・林田章紀さん(30=Team Accel)を招いた。

高瀬さんは2012年ロンドン五輪二百㍍準決勝進出、4×四百㍍リレー出場、15年世界選手権二百㍍準決勝進出、16年リオデジャネイロ五輪でも二百㍍に出場するなど、陸上短距離界のトップアスリートとして輝かしい実績を残し、自己ベストは百㍍10秒09。二百㍍20秒14は日本歴代4位の記録を保持している。林田さんは長崎南高校から順天堂大学に進学し、17年に全日本マスターズ十種競技で優勝。指導者として多くのアスリートを輩出している。

教室には小学4年から中学までの約150人が参加。現役五輪選手の高瀬さんらが「速い選手はスキップも速い。正しい姿勢を保ったまま、速いスキップをすることが良い練習になる」「ストライドを伸ばす意識よりも、体の軸を固定することが大切」など走り方の基本について指導。高瀬さんらと一緒に芝生の上でダッシュの練習などを行った。高瀬さんは「姿勢が良ければ減速しにくくなり、トップスピードを維持できる。これまでいろいろな場所で指導を行っているが、壱岐の子どもたちが一番素直に聞いてくれた。壱岐は子どもたちの陸上の成績がどんどん伸びていると聞いたが、この素直な気持ちが成績に結びついていると感じた。これから壁にぶち当たることもあると思うが、走ることを楽しいと感じ続けていくことが、壁を突破する秘訣。私自身も中学、高校では県大会で予選落ちが続いたことがある。常に目標を掲げてコツコツと努力し、あきらめずに楽しむことを心掛けて欲しい」と子どもたちに伝えた。

2年連続でジュニアオリンピックに出場した長岡幸奈さん(郷ノ浦中2年)は「練習の時は姿勢を気にしていたが、高瀬先生から普段の生活でも姿勢を意識するように教えられた。今後に活かしたい」と話した。教室後は高瀬さんらのサインを求める子どもたちの行列ができ、高瀬さんは1人1人に丁寧にサインをして、子どもたちのモチベーションを高めた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201811/16

女子郷ノ浦7位、男子勝本10位。県中学総体駅伝競走大会

県中学総体の第60回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第35回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201811/16

交通マナーの徹底を。

先日、交通安全協会の優良運転者表彰を取材した際、2人の受賞者が口を揃えて指摘していたことが「壱岐のドライバーはマナーが悪い」というものだった…

201811/16

白川市長と中村知事、滑走路延長で論戦。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が12日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、小金丸益明市議会議長、山本啓介県議らが、県からは中村…

201811/9

満席の会場は爆笑の渦。三遊亭歌之介独演会

一支国博物館の特別企画展「しまごと芸術祭2018」の一環で1日、落語公演「三遊亭歌之介独演会」が3階多目的ホールで開かれ、180席が満席とな…

201811/9

障害者週間を前に考えること。

12月3~9日までの1週間は「障害者週間」に指定されている。国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経…

ページ上部へ戻る