友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20187/27

壱岐ー福岡ヨットレース。32艇出走も微風で不成立。

第2回壱岐‐福岡ヨットレース2018(博多ヨットクラブ主催)が16日に行われ、ハウステンボス、唐津、新門司、若松、別府、山口県室津など所属の32艇が出走した。同レースは40年近くの歴史があり福岡・小戸~壱岐の区間で行われていたが、昨年から逆コースにリニューアル。郷ノ浦港沖からスタートし、小戸まで約34マイル(54・4㌔)を4~5時間かけて、所要時間などで得点を競うレースとなった。今年から優勝艇に壱岐市長杯も贈られることになった。

だがレース当日は朝から濃霧が発生。視界が50㍍ほどになったため予定の午前8時に出港できず、ジェットフォイル運航時間とも重なったため、午前9時半のスタートとなった。その後、風が弱まり、たびたび無風状態になったことから、タイムリミットの午後5時までにフィニッシュした艇がおらず、レースは不成立となった。

博多ヨットクラブ事務局の白石伸彦さんは「せっかくの市長杯が幻となって来年に持ち越されたが、入賞艇に用意された壱岐の海産物詰め合わせの記念品はじゃんけん大会で贈呈した。前夜祭では壱岐牛を提供して頂き、白いビーチと壱岐の大自然を満喫でき、参加艇のオーナーからは満点の評価を頂いた。来年も参加したいという声が多く、ひと安心した」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20228/8

「命つなげたい」 犬猫保護団体が初の譲渡会

犬、猫の殺処分ゼロを目指す有志の団体、壱岐島わんにゃんお守り隊299(松嶋純子会長ら20人)が7月31日、初めて保護猫の譲渡会を柳田地区公民…

20228/8

循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる

壱岐の未来について、実現したいことを話し合い具体化する「壱岐なみらい創りプロジェクトSDGs対話会」が、7月24日に壱岐の島ホールであった第…

20228/8

人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選

一支国博物館ミュージアムショップでは、7月15日からオリジナル商品「人面石クッキー ミネラル5選」を夏季限定販売している。各味1枚ずつ5枚入…

20228/1

バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル

芦辺町湯岳興触でバナナを栽培する株式会社コスモファーム(住吉節子代表取締役)は16日、観光農園「BANANA FARM IKI」をオープンさ…

ページ上部へ戻る