© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は1992年4月に結成。テレビ番組「いい旅夢気分・正月特別番組」に出演したことなどをきっかけに活動の幅を広げ、94年に東京公演。94、95年は2年続けて米国オレゴン州ポートランドで開かれた「ローズフェスティバル」に出演。その後も姉妹都市の長野県諏訪市、友好都市の兵庫県朝来市や、大阪、福岡、長崎で公演を行ってきた。

今回の公演では初めて、92年風舞組結成時のメンバーのうち12人(現役メンバーの町田光浩、中上良二さんを含む)が集結して舞台に上がり、公演の幕開けを飾る「壱州荒海太鼓」を披露した。演奏前に結成当時と現在を比較する顔写真がスクリーンで紹介されると、会場からは「昔はいい男だった」「若い!!」など歓声と笑い声で会場は包まれた。

初代メンバーの演奏は貫録十分。10年以上も太鼓から離れていたメンバーもいたが、この日のために数か月前から練習を繰り返し、見事なパフォーマンスを披露した。初代メンバーの山口宏司さんは「1日限りの復活だったが、25年前にこの勝本文化センターのステージから始まり、いまこうして舞台に立てていることは感無量だ。風童、風舞組ジュニアといった次世代、その次の世代がたくましく育っていることを、この上なく嬉しく思う」と子どもたちと同じ舞台に上がったことに感動の表情を浮かべた。

公演は風舞組ジュニアの「エイサー」、風舞組の「風雅」「海灔」、客演の津軽三味線・石井秀歩・杏歩と和太鼓・西方小天鼓の「天鳳」などの演目が勇壮に披露され、最後は風舞組と次代を担う風舞組ジュニアによる「壱州荒海太鼓」がフィナーレを飾った。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る