© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20181/19

4種目8人が大会新記録。新春マラソンに1859人出走。

第32回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が14日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、6部門33種目に延べ1859人が出走した。降雪により前日の長崎‐壱岐間の航空機が欠航するなど県内交通機関の乱れなどもあり、出場者は昨年の1980人からやや減少したものの、最高気温7・1℃、最低気温4・8℃、曇り・微風という長距離走には絶好のコンディションで、ハーフマラソンでもリタイア者は2人だけという高い完走率。大会新記録も4種目で8人が記録するなど、好記録続出に沸く大会となった。

大会のメーンとなるハーフ一般男子総合は、壱岐の長距離界を牽引する川下和明さん(38=郷ノ浦町漁協)がその存在感を存分に示し、1時間12分51秒で2位に53秒差をつける独走で、5年ぶり7度目の王者に輝いた。「思っていたよりも足が動いてくれた。1時間12分台が目標だったので、達成できて満足している」と喜びを爆発させた。5年前は1時間10分台で優勝、4年前は同11分台で2位と強さを見せていたが、この4年間は故障に苦しんで、昨年は1時間19分台まで落ち込んでいた。だが故障も回復しつつあり、昨年の壱岐ウルトラマラソンでは80㌔地点まで独走。足がつったため途中で歩いて2位となったが、自信を回復させるには十分のレース内容を見せた。「最初は若い人たちと4~5人の集団だったが、9㌔付近で少し仕掛けたら誰もついてこなかったので、その後は1㌔3分30秒の自分のペースで走ることができた」と世代交代を許さない圧倒的な強さだった。

ハーフのスタート前には小学1年の蒼希さんとファミリー1㌔で優勝、小学3年の愛羽さんと同4位と、ともに3分台で1㌔を2本走破。「3年の娘は去年が2位だったので勝たせてあげたかったけれど残念。蒼希はまさか3分台とは思わず、少し消耗したけれど、楽しかったですよ」と底抜けのスタミナを見せ付けた。26~28日の郡市対抗県下一周駅伝大会でも、壱岐のエースとしてチームを牽引してくれそうだ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る