© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201710/27

壱岐ウルトラマラソンに新たな魅力を。

第2回壱岐ウルトラマラソンが終了した。台風接近による強風のため砂が突き刺さるように吹きつけ、選手にとっては今年も過酷な気候。翌日に衆院選の投開票があったため、市役所職員らにとっては極めて多忙な週末だっただろうが、その働きでコース誘導、給水所案内などもスムーズに進むなど、第1回の反省点を活かすことができた。選手からの評価はこれからだが、より良い大会になった印象を受けた。
だが、やや物足りなさを感じた部分は、第1回で好成績を残した選手があまりリピートしてくれなかった点だ。日程などの理由もあるだろうが、「もう一度走りたい」という魅力に欠けていたのだとしたら、第3回以降に不安が残る。今後は有力選手には直接オファーするなどの招致方法が必要かもしれない。
壱岐ウルトラマラソンの魅力をさらに高めるために、本市を日本ジオパークに登録して、「ウルトラマラソン世界遺産・ジオパークシリーズ」に参加するという手はどうだろうか。同シリーズにはチャレンジ富士五湖、飛騨高山、日光、白山白川郷、歴史街道丹後と5レースが加盟しており、年間を通したタイムランキングで賞品贈呈を行っている。今年から開始したばかりでまだ整備されていない部分も多いが、単にタイムだけでなくポイント制などを導入すればさらに連携が深まるはずで、年間総合ポイントで王者を目指す選手も登場してくることだろう。
壱岐が加わるためには、本市が日本ジオパークに認定される必要があるが、すでに隠岐の島、島原半島など43地域が認定され、さらに五島列島など18地域が申請を行っている。本市の豊かな自然を多くの人にPRするためにも、申請を行うことに損はない。

これはあくまでも一案であり、例えば「国境離島シリーズ」「九州・沖縄シリーズ」を創設するなど、他の大会と連携を取る方法はいろいろと考えられるはず。来年までにプラスアルファの魅力を付加していくプランを検討してもらいたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る