© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20176/23

社説・大谷グラウンドの全天候化を

17日に開催された市中体連陸上競技大会は好天に恵まれたこともあり、計11の市中学・大会新記録が樹立された。好記録の誕生は、生徒たちにとっても大きな自信、貴重な思い出につながるだろう。
陸上競技の記録はグラウンド状態、風、気温など天候に左右されることは避けられない。前日までの雨でグラウンドがぬかるんでいた2015年の大会新記録は1種目だけだった。梅雨時期の開催のため、降雨が続くと開催できないこともあり得る。
選手にはなるべく不公平がない状態で競技を行ってもらいたいし、ましてや中学3年間の練習の成果を発揮する場が雨で失われることがあってはならないと、誰もが思っている。
そのためにも、大谷グラウンドの全天候化ができないだろうか。10日から行われた対馬市の中学総体は、全天候型に改修された峰総合運動公園陸上競技場で開催された。1周300㍍8コースの走路がウレタン舗装され、総事業費は約3億4千万円。このうち約8千万円がスポーツ振興くじ助成金で賄われた。
大谷グラウンドの場合は1周400㍍で、全天候化工事にはさらに多額の事業費が必要だと思われるが、新庁舎建設を行わなかったことで合併特例債にはまだ余裕があるはずで、予算的にはまったく実現不可能な工事でもない。
全天候化には他にもいくつかのメリットが考えられる。アスリートにとっては、県大会が行われる諫早市のトランスコスモススタジアム長崎などと同じ条件で走れることで、シューズなどの準備をしっかりと行うことができ、県大会を想定したペースでレースが行える。土のグラウンドよりも足への負担が少なく、けがのリスクも軽減される。交流人口拡大の面でも、筒城浜ジョギングコースの完成で大学、社会人の運動クラブ合宿が増えているが、本格的な陸上トラックがあればさらに誘致の幅が広がる。
陸上競技レベルが高い本市の特徴をさらに活かすためにも、思い切った投資が必要ではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

20207/6

高校野球代替大会。11日壱岐、12日壱岐商。

新型コロナウイルスの影響で中止となった夏の甲子園大会地区予選、第101回全国高等学校野球選手権長崎大会の代替大会である「令和2年度長崎県高等…

20207/6

柳田にコンテナ村。5日に1店舗目オープン。

郷ノ浦町柳田触の中央サービス横にコンテナを活用した飲食店街「壱岐コンテナ村」の“開村”準備が進んでいる。5日には1店舗目として居酒屋「お食事…

20206/29

リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。

勝本町のホテル・壱岐リトリート海里村上(旧海里村上)が17日、リブランドオープンした。 オープンを前に16日、報道機関向け内覧会を開き…

ページ上部へ戻る