© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20169/30

3種目で優勝 県ジュニア陸上

県ジュニア陸上競技選手権大会が22日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われ、本市からは中学生10人、壱岐ジュニアランナーズの小学生15人が出場。小学生は3種目で優勝するなど大活躍を見せた。
小学生の女子Cクラス(5・6年)八百㍍タイムレースで田中咲蘭(田河6年)が2分27秒29をマーク。2位に3秒以上の差をつけて優勝した。田中は9月3日のナイター陸上で2分35秒5の大会新記録をマークしたが、その記録を8秒以上も大幅に更新する自己ベストとなった。
女子Cクラス走り幅跳び決勝は、長岡幸奈(盈科6年)が4㍍54を記録。2位に32㌢差をつけて快勝した。長岡は8月の全国小学生大会で4㍍29の自己ベストで17位。ナイター陸上も4㍍21の大会新記録をマークしていたが、わずか1か月で自己ベストを25㌢も更新した。この記録は全国小学生大会の7位に相当するものだった。
男子Dクラス(3・4年)4×百㍍リレーで壱岐ジュニア(立石雅人=盈科3年=、重井鞍吏=八幡4年=、後藤笙=八幡4年=、東谷豊連=盈科4年=)が1分00秒15で優勝。リレー競技に贈られる優勝旗を、Dクラスで初めて壱岐に持ち帰った。東谷、重井はDクラス百㍍でも2、3位に入った。
全国小学生大会の男子5年百㍍で4位となった竹下紘夢(渡良5年)は男子Cクラス決勝で5位だったが、決勝に残った他の7人はいずれも6年生。13秒52は自己ベストの13秒43にはわずかに及ばなかったものの、県内5年生の中では突出した能力があることを改めて示した。
中学生は、男子Bクラス(1年)走り幅跳びで長門虎太郎(郷ノ浦)が5㍍62で2位、男子AB共通棒高跳びで竹藤瑛介(郷ノ浦2年)が2㍍40で2位に入った。
【中学男子】▽Bクラス百㍍ ④長門虎太郎(郷ノ浦1年)12秒49⑧豊本昂甫(郷ノ浦1年)12秒80▽Bクラス走り幅跳び ②長門虎太郎5㍍62④豊本昂甫5㍍07▽AB共通棒高跳び ②竹藤瑛介(郷ノ浦2年)2㍍40
【中学女子】▽Bクラス百㍍ ⑤山口陽依理(勝本1年)13秒92▽Bクラス走り幅跳び ⑪竹藤愛(郷ノ浦1年)4㍍16
【小学男子】▽Cクラス百㍍ ⑤竹下紘夢(渡良5年)13秒52▽Dクラス百㍍ ②東谷豊連(渡良4年)14秒81③重井鞍吏(八幡4年)14秒86▽Cクラス走り幅跳び ⑯永田悠馬(芦辺6年)3㍍81▽Cクラス4×百㍍ ⑥壱岐ジュニア(吉川明輝、福原成揮、永田悠馬、竹下紘夢)56秒14▽Dクラス4×百㍍ ①壱岐ジュニア1分00秒15
【小学女子】▽Cクラス百㍍ ④長岡幸奈(盈科6年)14秒33⑤田中咲蘭(田河6年)14秒68▽Cクラス八百㍍ ①田中咲蘭2分27秒29▽Cクラス走り幅跳び ①長岡幸奈4㍍54

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る