© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201511/10

社説・一点集中での創生アイデアを

市総合計画、総合戦略が策定され、さらに本市の2事業に地方創生事業交付金が配分され、本市の創生は一歩ずつ進んでいる。
今後はさらに具体的な取り組みが必要になってくるが、それには「市民力」が不可欠となる。役所は「まとめること」はうまいが、基本的には前例主義なだけに、新しく、しかもユニークな取り組みは苦手な分野。市民ならではの思考で、他の自治体では行っていない事業を推進していくことが必要だ。
先ごろ、諫早市で行われた「諫早地域活性化検討委員会」では、いかにも市民発想らしいユニークな地域創生アイデアが数多く提案された。委員会の中の「本明川河川敷活用部会」は▽河川敷にパラソル型ベンチセットを置き、ケータリングカーで軽食を提供▽諫早駅と市役所前を結ぶ川沿いに期間限定でイルミネーションを設置▽川沿い堤防をカウンターとして使う「屋外BAR」や、手ぶらで河川敷に来て楽しむバーベキューを開く、などの案が出された。
これらの案は「本明川河川敷」という場所を限定した委員会だからこそ、さまざまな発想が出されたのだと思われる。それに対して本市の計画は、名物があり過ぎるという贅沢な悩みもあって、焦点がぼやけてしまう傾向が強い。
例えば「筒城浜活用部会」を設置すれば、▽キャンブ道具一式の貸し出し▽海水浴場にWi‐Fiとスマホ無料充電コンセント設置▽天体望遠鏡と簡易プラネタリウムで星空観察▽海沿いの屋外カウンターバー設置▽ジョガーに更衣室、シャワー、ドリンク提供▽清潔感のあるトイレの設置など、観光客・市民ともに魅力的な場所になるアイデアは数多く出されるはずだ。
市老人クラブ連合会が提案している妻ケ島の活用にしても、「多数の地権者が複雑に入り組んでいるので難しい」と回答するのではなく、だからこそ市が「地権者交渉は任せてください」と言って、活用アイデアを募れば、壱岐の新名所になる可能性を秘めている。
一点集中での政策立案が今後の課題だ。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る