© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

「しまの映画館」が開館 9日に「最強のふたり」上映

JA壱岐市職員らで作る「壱岐4Hクラブ」の有志が、5月9日から月1回のペースで、「しまの映画館」を芦辺町・つばさで開館する。
市内に娯楽が少ないことが、若者たちの流出や出会いの少なさにつながっている一因と言われており、「それなら娯楽と出会いの場を作ってしまえばいい」と映画好きのJA壱岐市営農部・中尾拓也さんらが立ち上がった。
市のまちづくり市民力事業補助金などを活用して、毎月、映画フィルムを借りて上映を行う。上映日は基本的には毎月第2土曜日(11、12月は第3土曜日)の午後6時から。当面は入場無料で実施する。
中尾さんは「将来的には筒城浜ふれあい広場やダイエー横広場など屋外での上映も考えている。観光客にとっても壱岐の夜は暇なので、星空の下の屋外シアターができれば喜んでもらえるはず。また昼間は子供向けの作品上映も検討している」と夢を膨らませている。
9日の第1回上映作品は2011年にヨーロッパで大ヒットした「最強のふたり」。首から下が麻痺した大富豪(フランソワ・クリュゼ)と、彼を介護する黒人青年(オマール・シー)の奇跡の友情を描いた感動作品。
第2回以降の上映作品は、当月はじめに壱岐新聞、「今日もキバッチ」などで発表する。
問い合わせは080‐1786‐6170=中尾まで。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/15

韓国民族舞踊など披露。第21回日韓国際交流文化祭

第21回日韓国際交流文化祭(市文化団体協議会主催)が4日、壱岐の島ホールで開かれ、韓国伝統芸能と壱岐芸能のコラボレーションを約300人が楽し…

201911/15

航空路維持はまだ安心できない。

壱岐市からの知事要望、県中学駅伝と2週続けて長崎本土に取材に出向いた。知事要望は県庁で午前11時から、中学駅伝は諫早で午前10時50分のスタ…

201911/15

女子・芦辺が中学統合後の最高順位4位で入賞。県中総体駅伝大会

県中学総体の第61回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第36回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

ページ上部へ戻る